特定の日付を持つスケジュールの定義 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

各日付が異なる時間カバレッジを持つことができる、特定の日付で発生する状況の時間制限のセットを定義するために、特定の日付を持つスケジュールを定義して、エンティティに適用できます。

このタスクについて

スケジュール内の各日付に対して異なる時間カバレッジを設定できます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[スケジュール] ビューをクリックします。
  2. [スケジュール] () をクリックし、スケジュールの名前を入力して、ENTER キーを押します。
  3. [ID] タブで、スケジュールの基本的なプロパティを入力して、[適用] をクリックします。
  4. [プロパティ] タブをクリックします。
  5. [日付カバレッジ] ドロップダウンリストから、[指定] を選択し、[アイテムの追加] () をクリックします。
  6. カレンダー上の日付を選択し、[閉じる] をクリックします。
  7. エントリを選択し、[時間カバレッジ] ドロップダウンリストから、次のいずれかの操作を実行します。
    • [終日] を選択します。
    • [範囲] を選択し、前日当日、または翌日に対して、グリッド上の特定の時刻を選択します。
    • [日中] または [夜間] を選択します (日中および夜間の時間カバレッジの詳細については、「昼夜両対応スケジュールの定義」を参照してください)。
  8. [適用] をクリックします。

次の例は、2017 年 7 月 1 日の前日午後 9 時から翌日午前 3 時までをカバーする特定のスケジュールを示します。