Archiver フェールオーバーのセットアップ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

プライマリサーバーに障害が発生した場合はセカンダリサーバーにフェールオーバーし、プライマリサーバーとセカンダリサーバーの両方に障害が発生した場合は 3 次サーバーにフェールオーバーするように、Archiver ロールをセットアップできます。これにより、動画ユニットの制御の維持、ライブ動画へのアクセス、および潜在的な停止時間の最小化が可能です。

始める前に

Archiver ロールフェールオーバー用に 3 次サーバーを割り当てるにはライセンスが必要です。詳細については、Security Center のライセンスオプション を参照してください。

このタスクについて

Archiver に割り当てられるサーバーは別々に構成する必要があり、動画アーカイブ向けに独自のデータベースおよびストレージを持つ必要があります。

手順

  1. [動画] タスクを開き、構成する Archiver ロールを選択します。
  2. [リソース] タブをクリックし、[フェールオーバーの追加] () をクリックします。
  3. 表示されるダイアログボックスで、サーバーを選択し、[追加] をクリックします。

    フェールオーバー用に追加したサーバーはセカンダリ・サーバー・タブになります。

  4. セカンダリ・サーバー・タブから、アーカイブデータベースおよびアーカイブストレージ設定を構成します。
  5. (オプション) セカンダリサーバーが他の Archiver ロール用にも待機状態となる場合、待機状態のサーバーのアーカイブ優先度を調整する必要がある場合があります。
  6. (オプション) プライマリサーバーとセカンダリサーバーの両方に障害が発生する場合に備えて、次の手順で 3 次サーバーを追加します。
    1. [フェールオーバーの追加] タブをクリックします。
    2. 3 次サーバーを選択し、[追加] をクリックします。

      フェールオーバー用に追加したサーバーは 3 次サーバータブになります。

    3. 3 次サーバータブから、アーカイブデータベースおよびアーカイブストレージ設定を構成します。
    4. (オプション) 3 次サーバーが他の Archiver ロール用にも待機状態となる場合、待機状態のサーバーのアーカイブ優先度を調整する必要がある場合があります。
  7. [適用] をクリックします。
  8. プライマリサーバーと待機状態のサーバーに同時に動画をアーカイブさせるには、[カメラのデフォルト設定] タブをクリックし、[高度な設定を表示] をクリックして、[冗長アーカイブ] オプションを [オン] に切り替えます。

    これにより、録画された動画が 3 ヶ所に保管され、保護が強化されます。