ホットリストのヒット承諾およびヒット拒否の理由の作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

オペレーターがナンバープレートヒットの承諾または拒否を選択する場合、オペレーターが選択可能な定義済みの理由に加えて、オペレーターによって選択可能なカスタムのヒット承諾またはヒット拒否の理由も定義できます。

このタスクについて

ヒット拒否理由
ホットリストヒットを拒否する理由のリスト。これらの値は、Security Desk でヒットレポートを生成する際の拒否理由フィルターオプションとしても使用可能になります。Security Center のインストール時に自動的にいくつかのカテゴリが事前構成されます。
ヒット承諾理由
Genetec Patroller™ ユーザーがヒットの承諾時に答える必要がある質問のリストを含むフォーム。ヒットフォームに入力された情報は、Security Desk ヒットレポートでクエリ可能です。事前に構成されるカテゴリはありません。
  • オペレーターがログオンすると、選択されたホットリストと併せてこれらの設定が Genetec Patroller™ にダウンロードされます。
  • ヒット拒否および承諾理由は Directory レベルで適用されます。つまり、システム内のすべての LPR Manager は同じ設定を共有します。
  • 作成する属性は、Security Desk でヒットレポートのフィルターオプションとしても選択可能になります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[LPR] > [一般的な設定] > [ホットリスト]をクリックします。
  2. 必要に応じて、[ヒット承諾理由] または [ヒット拒否理由] を追加します。
  3. [適用] をクリックします。

タスクの結果

新しいヒット承諾および拒否理由は次回の Security Center への接続時に Genetec Patroller™ にダウンロードされます。