診断データの収集 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

トラブルシューティングの目的で、診断データ収集ツールはシステム情報を都合よく収集およびパッケージ化するため、容易に Genetec™Technical Assistance Center に送信できます。

始める前に

診断データ収集ツールを実行するには:
  • コンピューターで Windows 管理者権限が必要です。
  • Security Center 管理者権限が必要です。
  • すべてのクライアントとサーバーはバージョン 5.3 SR1 以降である必要があります。

このタスクについて

  • このツールは、Genetec システム情報、Archiver 収集、動画インベントリなど、さまざまなタイプのシステム情報 (収集タイプ) を収集します。これらの収集とそれらの内容の完全なリストについては、以下のステップを参照してください。
  • 診断データ収集ツールの実行は一時的にシステムパフォーマンスに影響する場合があります。
  • システムが Windows XP または 2003 を実行している場合、Windows イベントログとパフォーマンス・モニター・データは収取されません。

手順

  1. ホームページから、[ ツール > 診断データ収集ツール. ] をクリックします。
  2. ダイアログボックスから、次のいずれかを選択します。
    すべての Security Center サーバー上のデフォルトのデータ収集
    定義済みのデータ収集のセットのみを送信します (デフォルト)。
    特定のデータ収集およびサーバー
    選択したデータ収集とサーバー情報のセットを送信します。
  3. [特定のデータ収集およびサーバー] を選択している場合、次の操作を実行します。
    1. 左側のパネルで、情報が必要なサーバーを選択します。
    2. 右側のパネルで、そのサーバーからの特定の収集タイプを選択します。
    次の収集から選択できます。
    システム情報コレクション (デフォルト)
    システムログおよび Genetec アプリケーションに固有ではないシステム情報を含む、診断テスト用のデータコレクション。このコレクションには次のものが含まれます。
    • Genetec イベントログ
    • システム・イベント・ログ
    • アプリケーション・イベント・ログ
    • セキュリティ・イベント・ログ
    • インストールされているアプリケーション
    • インストールされている更新
    • 現在実行中のアプリケーション
    • 現在アクティブなネットワーク接続
    • デバッグに必要な .NET CLR アセンブリ
    Genetec システム情報コレクション (デフォルト)
    Genetec アプリケーション固有の情報を含む、診断テスト用のデータコレクション。次のものが含まれます。
    • Security Center 構成ファイル
    • Security Center トレースログ
    • Security Desk および Config Tool のエラーログ (クライアントが選択されている場合)
    • パフォーマンス・モニター・データ
    • 実行中のプロセスに関する情報
    • アセンブリが読み込まれた Security Center 実行プロセスに関する情報
    • メモリダンプ
    • レジストリキー (Genetec で使用または作成されたキーのみ)
    Archiver コレクション
    Archiver 固有の情報を含む、診断テスト用のデータコレクション
    Access Manager コレクション
    Genetec Access Manager 固有の情報を含む、診断テスト用のデータコレクション。これには構成ファイル、現在アクティブなネットワーク接続、VertX ファイルキャッシュ、VertX 一時ファイルが含まれます。
    動画ユニットインベントリ
    システムで登録された動画ユニットと Security Center フェデレーションカメラをリストする、診断テスト用のデータコレクション
  4. [開始] をクリックします。
    ステータスバーに各データ収集の進捗状況が表示されます。情報はツールが実行されたコンピューターのフォルダー、C:\ProgramData\Genetec Security Center 5.8\Diagnostics に保存されます。Windows XP および 2003 の場合、データは C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Genetec Security Center 5.8\Diagnostics に保存されます。
  5. フォルダーを開くには、[ドロップフォルダーを開く] をクリックします。

タスクの結果

診断情報を Genetec™ Technical Assistance Center に送信できます。