LPR イベントまたはホットリストアクションのイベントに対するアクションの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

一部の車両に駐車施設へのアクセスが許可され、不明または違反常習者の車両に他のアクションが適用されるのを確認するには、Sharp カメラによって生成される ナンバープレートがヒットしました および 一致なし イベントに基づいてトリガーされるイベントに対するアクションを作成する必要があります。

このタスクについて

  • 固定された SharpX システムの場合、イベントに対するアクションを構成して、LPR 処理ユニットの入力と出力を制御できます。LPR 処理ユニットは一般に LPR Manager の下に登録されますが、イベントに対するアクションの作成時に出力を選択可能にするためには、LPR 処理ユニットを Archiver の下にも同様に登録する必要があります。
  • LPR Manager にホットリストを割り当てると、その LPR Manager によって制御されているすべての Sharp カメラがホットリストと照合され、イベントに対するアクションをトリガーできます。 個々の Sharp カメラにホットリストを割り当てると、その Sharp カメラのみがイベントに対するアクションをトリガーできます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[全般設定] ビューをクリックします。
  2. [アクション] ページをクリックし、[アイテムの追加] () をクリックします。
  3. [イベントに対するアクション] ダイアログボックスの [タイミング] ドロップダウンリストから、イベントタイプ ナンバープレートがヒットしました または 一致なし を選択します。
  4. [ソース] ドロップダウンリストから、ホットリストを選択します。
    [ソース] および [ターゲット] フィールドはホットリストまたは Sharp カメラのどちらかを含むことが可能で、両方のフィールドを埋める必要はありません。たとえば、検出されるカメラに関係なく正規従業員ホットリストに対してヒットが検出された場合にトリガーされるイベントに対するアクションを作成するには、[ソース] または [ターゲット] フィールドのいずれかで正規従業員ホットリストを選択し、他のフィールドで [選択をクリア] を選択して、すべてのエンティティとして表示されるようにします。
  5. [ソース] ドロップダウンリストから、ホットリストを割り当てる Sharp カメラを選択します。
    注: ユニットの下で、個々のカメラ (たとえば カメラ - 01 など) ではなく Sharp 動画ユニットを選択します。

  6. イベントの各タイプの [アクション] および属性を選択します。
    • ナンバープレートがヒットしました イベントの場合、[出力をトリガー] を選択してから、駐車場へのアクセスを許可するのに必要な [出力リレー] および [出力の挙動] (たとえば、ゲートを開くなど) を選択します。
      • X1、X2、X2M、または X4M LPR 処理ユニット: 構成可能ではない通常は閉じた出力リレーを 2 つ含みます。
      • X1S、X1SU、X2S、および X2SU LPR 処理ユニット: 通常は閉じた機械式出力リレーを 2 つ (リレー 1 および 2: 30 VDC、最大 8 A、外部ヒューズ必須) と、通常は閉じたオプトアイソレート出力リレー (リレー 3 および 4: 30 VDC、最大 0.25 A)
      • SharpV: 通常は開いたドライなオプトアイソレート出力リレーを 2 つ (30 V / 100 mA) 含みます。
    • 一致なし イベントの場合、Security Center が実行するアクションを選択します。たとえば、特定の Security Center ユーザーにメッセージを送信したり、別の 出力をトリガー アクションを使用してゲートのセキュリティインターホンを有効化したりできます。
  7. [有効] オプションで、[常時] をクリックし、このイベントに対するアクションがアクティブになるスケジュールを選択します。
  8. [保存] をクリックします。