ユーザーの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

誰かを Security Center にログオン可能にするには、ログオン認証情報とともにユーザーエンティティを作成する必要があります。

このタスクについて

会社の Directory サービスからユーザーをインポートすることもできます。

セキュリティの目的で、このユーザーのエンティティ名は一意である必要があります。これは Security Center へのログオンに使用するユーザー名でもあるからです。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[ユーザー管理] タスクを開きます。
  2. [エンティティの追加] () をクリックし、[ユーザー] () をクリックします。
  3. [ユーザー情報] ページで、まだ存在していないユーザー名を入力します。
  4. このユーザーが Security Center にログオンするためのパスワードを入力し、パスワードを確認します。
  5. ユーザーの名と姓を入力します。
  6. [ユーザーグループ] ドロップダウンリストから、新しいユーザーの親グループを選択します。
    ユーザーは親ユーザーグループのプロパティを自動的に継承します。
    注: ユーザーのパーティションメンバーシップについて:
    • [割り当て解除済み] を選択する場合、新しいユーザーはルートパーティションに追加されます。
    • 親ユーザーグループを選択する場合、新しいユーザーは親ユーザーグループが属する同じパーティションに追加されます。
  7. ユーザーに定義済みの権限セットを付与するには、ドロップダウンリストから [権限テンプレート] を選択します。
    注: ユーザーに必要な権限が不明な場合は、この決定を後に延ばすことができます。権限テンプレートはいつでも適用できます。
  8. (パーティションが使用中の場合のみ) [アクセス権限] ページで、アクセス権限がこのユーザーに付与されるパーティションを選択します。
  9. [次へ] をクリックします。
  10. [作成概要] ページで、ユーザーが属するパーティションとユーザーがアクセスを許可されているパーティションの両方が想定通りであることを確認します。
  11. [作成 > 閉じる] をクリックします。

タスクの結果

新しいユーザーアカウントが作成されます。

次のタスク

ユーザーを構成します。