タスクワークスペースの概要の管理 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

管理タスクでは、システムをモデル化するために必要なエンティティを作成して構成できます。

このセクションでは、管理タスクのレイアウトをひと通り紹介し、ほとんどの管理タスクに共通する要素について説明します。例として [セキュリティ] タスクを使用しています。[セキュリティ] タスクを開くには、ホームページ上の [検索] ボックスにそのタスク名を入力します。

A [エンティティ] ビュー このタスクによって管理される各エンティティタイプが表示されます。
B エンティティフィルター このフィールドに文字列を入力して ENTER キーを押すと、ブラウザー内のエンティティが名前でフィルタリングされます。ブラウザーに表示するエンティティを選択するには、[カスタムフィルターを適用 ] () をクリックします。
C エンティティの履歴 このタスクで最近使用されたエンティティを参照するには、これらのボタンを使用します。
D エンティティブラウザー ブラウザー内のエンティティをクリックすると、右側にそのエンティティの設定が表示されます。
E 現在のエンティティ 選択したエンティティのアイコンと名前がここに表示されます。
F 構成タブ エンティティの設定がタブでグループ化されています。
G 構成ページ このエリアには、選択した構成タブに含まれるエンティティの設定が表示されます。
H 変更の適用/キャンセル 別のページに移動する前に、現在のページで行った変更を [キャンセル] または [適用] する必要があります。
I コンテキスト依存コマンド ワークスペースの下部にあるツールバーに、選択したエンティティに関連するコマンドが表示されます。