Access Manager ロールでのグローバルアンチパスバックの有効化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アンチパスバック制限を適用するエリアが複数の Synergis™ ユニットにより制御される場合、Access Manager ロールでグローバルアンチパスバックを有効化する必要があります。

このタスクについて

注: グローバルアンチパスバックを有効にすると、該当期間中にエリアに対するカード所有者の入場または出場が報告されない場合、7 日後にエリア内のカード所有者の滞在は忘れられます。つまり、7 日間エリアでのカード所有者の動きが登録されなかった場合、そのカード所有者はパスバックイベントをトリガーすることなく、一度も離れなかったエリアに再入場したり、一度も入場しなかったエリアから離れることができます。このことは [プレゼンスタイムアウト] が無限 (=0) に設定されている場合も適用されます。
グローバルアンチパスバックを使用しないで厳格およびハードアンチパスバックをエリアに適用すると、あるドアからエリアに入場したカード所有者は、同じユニットにより制御されていない別のドアからエリアを離れることができません。また、2 つのドアが同じユニットで制御されていない場合、一方のドアからエリアに入場した同じカード所有者が別のドアからエリアに再入場することも可能です。グローバルアンチパスバックが有効な場合、これら 2 つの違反を防ぐことができます。
重要: グローバルアンチパスバックは全体が Synergis™ ユニットにより制御されているエリアでのみ機能します。同じエリアを制御しているすべてのユニットは同じ Access Manager によって管理される必要があります。
ヒント: グローバルアンチパスバックの要件を満たすために Access Manager ロール間でユニットを切り替える必要がある場合、ユニット移動ツールを使用します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[アクセスコントロール] タスクを開き、[ロールとユニット] ビューをクリックします。
  2. 構成する Access Manager ロールを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [プロパティ] ページで、[ピアツーピアの有効化] および [グローバル アンチパスバックを有効化] オプションを選択します。
  4. [適用] をクリックします。