イベントについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

イベントは、アクティビティまたはインシデント (カード所有者に対するアクセス拒否やカメラで検出されたモーションなど) の発生を示します。イベントは、Security Center に自動的に記録され、アクションをトリガーするように設定できます。すべてのイベントは、主にイベントソースと呼ばれる 1 つのエンティティに焦点を合わせています。

イベントは、ユーザーが開始したカメラでの録画、長期間開いたままのドア、盗まれた認証情報の使用など、多くのソースから発生します。Security Center で生成されるイベントのタイプは、エンティティによって異なります。たとえば、アクセス拒否イベントはカード所有者に関連し、信号損失イベントはカメラに関連し、ナンバープレート・ヒット・イベントはホットリストに関連します。

システムイベントには、次のような利用方法があります。
  • Security Desk でリアルタイムに表示します。
  • システムにイベントログを記録させ、後で表示して分析できるようにします。
  • アラームのトリガーやメッセージの送信などのアクションをさまざまなタイプのイベントに関連付けて、こうしたアクションを自動的に実行するようにシステムを構成します。これは、イベントに対するアクションと呼ばれます。これは、非常に強力なイベントの処理方法です。

カスタムイベント

事前定義されたイベントタイプに加えて、システム上の異なるユニットから受信した入力信号のさまざまな組み合わせを表すカスタムイベントを定義することもできます。