Archiver と Auxiliary Archiver の相違点 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Archiver ロールと Auxiliary Archiver ロールには、いくつかの特性に関して違いがあります。

次の表に、Archiver と Auxiliary Archiver の相違点を記載します。

特性 Archiver ロール Auxiliary Archiver ロール
ユニットの自動検出 対応 (サポートするユニット)。 非対応。
コマンドとコマンドの制御 対応。 非対応 (Archiver ロールに依存)。
セキュアプロトコル (HTTPS、SSL など) によるコマンド暗号化 対応 (サポートするユニット)。 適用外。
記録されるカメラ 各カメラを 1 つの Archiver ロールにのみ関連付けることができます。 各カメラを複数の Auxiliary Archiver に関連付けることができます。
通常は同じ LAN 上で直接接続できるカメラだけを記録できます。 フェデレーションカメラを含め、システム上の任意のカメラを記録できますが、Security Center システムに含まれるカメラでなければなりません。
録画設定 カメラごとに、デフォルトのロール設定に従うか、独自のカスタム設定に従うかを選択できます。 カメラごとに、デフォルトのロール設定に従うか、独自のカスタム設定に従うかを選択できます。
録画される動画ストリーム [録画] に指定されたストリームのみを録画できます。 任意の動画ストリームを録画できます。
手動録画 対応 (手動録画のスケジュールが有効な場合)。 非対応 (ただし、手動録画のスケジュールを構成できます)。
データベースへのイベントログ記録 対応。Archiver イベント動画メンテナンスタスクでイベントを検索して閲覧できます。 対応。Archiver イベント動画メンテナンスタスクでイベントを検索して閲覧できます。
フラットファイルへのイベントログ記録 対応。ArchiverLogs フォルダーに格納されます。 非対応。
データベースのバックアップと復元 対応。動画ファイルは含まれません。 対応。動画ファイルは含まれません。
フェールオーバーのサポート 対応。Archiver ロールに 1 つのセカンダリサーバーを追加できます。 適用外。
動画アーカイブの複数コピー 対応。冗長アーカイブ が使用されますが、マスターコピーと冗長コピーは同じ録画設定を使用するため同一です。 対応。Auxiliary Archiver ごとに、録画設定に従った異なる動画アーカイブが生成されます。
動画ファイルの保護 対応。 対応。
動画透かし 対応。 対応。