インターネットアクセスを使用しない Security Center ライセンスのアクティブ化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center ライセンスはメインサーバーでアクティブ化されます。メインサーバーに Security Center をインストールした後、および拡張サーバーをメインサーバーに昇格する場合、Security Center ライセンスをアクティブ化する必要があります。 インターネットアクセスがない場合、Server Admin と GTAP を組み合わせて使用することで Security Center ライセンスを手動でアクティブ化できます。

始める前に

ライセンスをアクティブ化するには、次のものが必要です。
システム ID およびパスワード
システム ID とパスワードは Security Center ライセンス情報ドキュメントにあります。Genetec™ Customer Service は製品をお買い上げいただいた際に、このドキュメントをお送りいたします。
サーバーパスワード
サーバーパスワードは Server Admin へのログインに使用されます。サーバーパスワードはインストール時に設定されます。

手順

  1. 次のいずれかの操作を実行して Server Admin ウェブ ページを開きます。
    • ウェブブラウザーのアドレスバーに http://computer:port/Genetec と入力します。ここで、computer はサーバーのホスト名または IP アドレスで、portSecurity Center 拡張サーバーのインストール時に指定されたウェブ・サーバー・ポートです。

      デフォルト値 (80) を使用している場合、ウェブ・サーバー・ポートを省略できます。

    • ローカルホストから Server Admin に接続している場合、Windows スタートメニューの Genetec Security Center フォルダー内の Genetec™Server Admin () をダブルクリックします。
  2. サーバーのインストール時に設定したサーバーパスワードを入力し、[ログオン] をクリックします。
    Server Admin [概要] ページが開きます。

  3. 次のいずれかの操作を実行します。
    • Server Admin ブラウザーウィンドウの上部にある [ライセンス] をクリックします。
    • Server Admin [概要] ページの [ライセンス] セクションの下にある [変更] をクリックします。
  4. [ライセンス管理] ダイアログボックスで、[手動のアクティブ化] をクリックし、次に [検証キー] の下で、[ファイルに保存] をクリックします。

    検証キーは、サーバーを一意に識別する、Security Center によって生成される一連の数字 (16 進テキスト形式) です。検証キーは Security Center ソフトウェアのロックを解除するライセンスキーの生成に使用されます。生成されるライセンスキーは検証キーによって識別されるサーバーにのみ適用できます。

    validation.vk という名前のテキストファイルはデフォルトの Downloads フォルダーに保存されます。このファイルは必ず、インターネットアクセスのある別のコンピューターからアクセスできる場所 (USB キーも可) にコピーしてください。
  5. インターネットアクセスのある別のコンピューターから、https://gtap.genetec.com のアドレスで Genetec™ Technical Assistance Portal (GTAP) を開きます。
  6. [ログイン] ページで、次のいずれかの操作を実行します。
    • Security Center ライセンス情報ドキュメントに指定されているシステム ID とパスワードを入力し、[ログイン] をクリックします。
    • GTAP ユーザーアカウント (電子メール アドレス) とパスワードを入力し、[ログイン] をクリックします。
  7. GTAP で、[新しいシステムのアクティブ化] をクリックし、[システム ID] ドロップダウンリストからシステムを選択し、[送信] をクリックします。
    [システム情報] ページが開きます。

  8. [ライセンス情報] セクションにスクロールダウンし、[ライセンスのアクティブ化] をクリックします。
  9. 表示されるダイアログボックスで、検証キー (.vk ファイル) を参照し、[送信] をクリックします。
    [ライセンスのアクティブ化が成功] というメッセージが表示されます。
  10. [ライセンスをダウンロードする] をクリックし、ライセンスキーをファイルに保存します。
    デフォルトの名前はシステム ID の後に _Directory_License.lic が続きます。
  11. Security Center メインサーバーに接続された Server Admin に戻ります。
  12. [ライセンス管理] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行します。
    • ライセンス・キー・ファイル (テキストエディターで開きます) からライセンス情報を貼り付けます。
    • ライセンスキー (.lic ファイル) を参照し、[開く] をクリックします。
  13. [アクティブ化] をクリックします。
    Server Admin [概要] ページの [ライセンス] セクションにライセンス情報が表示されます。

  14. [詳細] をクリックすると、ライセンスオプションがダイアログボックス内に表示されます。

    ライセンスオプションは多数のタブに分割されています。詳細については、Security Center のライセンスオプション を参照してください。

  15. [閉じる] をクリックし、次にブラウザーウィンドウを閉じます。