マップへのゾーンの追加 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

マップにハードウェアゾーンおよび仮想ゾーンを追加し、Security Desk オペレーターがマップからゾーンのモニタリングおよび制御を可能にすることができます。

始める前に

  • ゾーンを追加するマップを作成します。
  • システム内にゾーンが存在することを確認します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[Map designer] タスクを開きます。
  2. 最近のマップを選択するか、または [すべてのマップの参照] をクリックして、既存のマップを開きます。
    選択されたマップが Map designer ワークスペースを埋めます。
  3. ツールバーで、[エリアビュー] () をクリックし、追加するハードウェアゾーン ()、仮想ゾーン ()、または I/O ゾーン () を選択して、マップ上の配置場所へドラッグします。
    右側のパネルにマップオブジェクトを構成するためのウィジェットが表示されます。マップオブジェクトは常に、それが表現するエンティティの ID を引き継ぎます。
  4. [ID] ウィジェットで、[状態の表示] をクリックし、さまざまなゾーン状態の色を割り当てます。

    ヒント: マップが散らかるのを防ぐために、エンティティが特定の状態で発見された場合にマップオブジェクトを非表示にすることができます。非表示にする状態を消去します。
    ゾーン状態が変化すると、マップオブジェクトはその状態に対して構成された色に変わるか、または非表示になります。
  5. [Map designer] ツールバーで、[保存] () をクリックします。