フェデレーションエンティティについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

フェデレーションエンティティとは、リモートの独立した Security Center システムまたは Omnicast™ システムからインポートされたエンティティのことです。

フェデレーションエンティティは、ローカルシステムに属しません。フェデレーションエンティティをローカルシステムで表示したり操作したりすることはできますが、そのネイティブの設定を変更することはできません。Config Tool では、エンティティアイコンの上に重ねられた黄色の矢印によって簡単にフェデレーションエンティティを識別できます (たとえば、アラームのフェデレーションエンティティは で示されます)。
注: Security Desk では、フェデレーションエンティティに黄色の矢印は表示されません。
次のフェデレーションエンティティは、それぞれ 1 つの Federation™ タイプにのみ適用されます。
  • – フェデレーション・ドア・エンティティ (Security Center Federation™ のみ)
  • – フェデレーション・エレベーター・エンティティ (Security Center Federation™のみ)
  • – フェデレーションカード所有者エンティティ (Security Center Federation™ のみ)
  • – フェデレーション認証情報エンティティ (Security Center Federation™ のみ)
  • – フェデレーション仮想カメラエンティティ (Omnicast™ Federation™ のみ)

Security Center でのフェデレーション対応エンティティ

リモート Security Center システムの次のコンポーネントは、フェデレーションエンティティとして使用できます。
コンポーネント エンティティ
動画 カメラ、カメラシーケンス
アクセスコントロール アクセス・コントロール・ユニット、ドア、エレベーター、カード所有者、カード所有者グループ、認証情報、侵入検出ユニット、侵入検出エリア
LPR LPR ユニット、Genetec Patroller™ ユニット
一般 アラーム、レジ、ネットワーク、エリアとマップ、ゾーン、出力の挙動、カスタムイベント
制約事項: ArcGIS マップをフェデレーションエンティティとして使用できるのはバージョン 5.7 以降のみです。マップを使用するシステムを統合しても、前のシステム (5.6 以前) ではマップを表示することはできません。
ロール、サーバー、パーティション、および上記に記載されていないエンティティは、フェデレーションエンティティとして使用できません。
注: 訪問者と訪問者グループは、カード所有者およびカード所有者グループとは異なるため、フェデレーションエンティティとして使用できません。

Security Desk でフェデレーションエンティティに対して実行できる操作

Security Desk では、フェデレーションエンティティに対して次の操作を行うことができます。
  • フェデレーションカメラからのライブ動画の閲覧または動画の再生
  • ブックマークの追加、録画の開始と停止、フェデレーションカメラからの動画のエクスポート
  • フェデレーション PTZ カメラの制御 (PTZ ロックを除く)
  • Omnicast™ 4.x のフェデレーション仮想カメラを使用した、CCTV マトリックスでのカメラ切り替え
  • フェデレーション・カメラ・シーケンスの閲覧、サイクル処理の開始と停止、パッケージ化とパッケージ化解除
  • フェデレーションアラームの受信、確認、スヌーズ、転送、サイクル処理の開始と停止、パッケージ化とパッケージ化解除
  • フェデレーション・タイル・プラグインの表示と制御
  • フェデレーションドアのロックとロック解除
  • フェデレーション侵入検出エリアの監視と監視解除
  • フェデレーションゾーンの監視と監視解除

フェデレーションエンティティで構成できる要素

ローカルシステム上で、フェデレーションエンティティに次の変更を加えることができます。
  • 論理 ID をフェデレーションエンティティに割り当てることができます。論理 ID とは、Federation™ 内で一意に識別するためにフェデレーションエンティティに関連付けるローカル属性のことです。
  • ローカルエンティティ名をフェデレーションエンティティに割り当てることができます。トラブルシューティングに備え、Config Tool では元のエンティティ名が引き続き表示されます。
  • フェデレーションエンティティに関連付けられたカスタムフィールドを更新できます。カスタムフィールドは Federation™ ホストにローカルなものです。
  • フェデレーションシステムから受信するイベントを選択できます。選択したイベントに基づき、フェデレーションエンティティのイベントに対するアクションを定義できます。アクションは Federation™ ホストで実行することも、フェデレーションシステムで実行することもできます。
  • レポートパネルで、フェデレーションエンティティのアクティビティと監査証跡レポートを表示できます。
  • パーティションを使用して、ローカルユーザーに対するフェデレーションエンティティの可視性を制御できます。
  • Omnicast™ システムに属するフェデレーションカメラのビジュアル追跡を構成できます。
  • フェデレーションエンティティを使用して、ローカルエンティティを構成できます (フェデレーションカメラをローカルエンティティに接続するなど)。また、フェデレーションエンティティを使用してローカルアラームとカメラシーケンスを定義することもできます。

フェデレーションエンティティの制限事項

フェデレーションエンティティでは次のことは行えません。
  • リモートシステム上のフェデレーションエンティティのプロパティを変更することはできません。上書きできるのは、システム上の特定のローカルプロパティ (エンティティ名、論理 ID など) のみに限られます。
  • リモートシステムで定義されたカスタムフィールドを表示することはできません。カスタムフィールドをフェデレーションの対象にすることはできません。
  • フェデレーションエンティティに対して行われたアクション (ゾーンの監視、カメラへのブックマークの追加など) は、フェデレーションシステムのアクティビティ証跡に記録されません。
    注: この制限事項には 1 つだけ例外があります。[動画のエクスポート] アクションは、両方のアクティビティ証跡に記録されます。Federation™ ホスト (ローカルシステム) では、アクティビティを行ったユーザーがイニシエーター として記録されます。フェデレーションシステム (リモートシステム) では、イニシエーターFederation™ ユーザーであり、Federation™ ホストでアクティビティを行ったユーザーは元のイニシエーター として記録されます。リモートアクティビティのログ記録は、フェデレーションシステムが Security Center 5.7 以降で稼働している場合にのみ機能します。

フェデレーションアラームに関する例外事項

すべてのアラームプロパティが統合されるわけではありません。Security Desk で表示されるアラーム関連のプロパティのほとんどは、Federation™ ホスト上でローカルに構成する必要があります。

フェデレーションアラームに関する例外事項は次のとおりです。
  • アラームのスケジュールは、リモートシステムの元の構成に従います。スケジュールエンティティは統合されないため、デフォルトのスケジュール [常時] として示されます。
  • アラームの優先度は次のとおりです。
    • Omnicast™: 元の値は統合されません。Federation™ ホスト上でローカルに値 (デフォルト = 1) を構成できます。
    • Security Center: 元の値は統合され、変更することはできません。
  • 再有効化しきい値はアラーム固有のプロパティであり、変更できません。
  • エンティティのサイクル処理は、Federation™ ホストのローカルプロパティです。この設定を変更しても、フェデレーションシステムには影響しません。
  • 自動確認はアラーム固有のプロパティであり、変更できません。
  • 確認時のインシデントの作成は、Federation™ ホストのローカルプロパティです。この設定を変更しても、フェデレーションシステムには影響しません。
  • 自動動画録画はアラーム固有のプロパティであり、変更できません。
  • 録画された動画の保護はアラーム固有のプロパティであり、変更できません。
  • 動画ディスプレイは、Federation™ ホストのローカルプロパティです。この設定を変更しても、フェデレーションシステムには影響しません。
  • アラームプロシージャ (URL):
    • Omnicast™: 元の値は統合されません。値は Federation™ ホスト上でローカルに構成できます。
    • Security Center: 元の値は統合され、変更することはできません。
  • フェデレーションアラームに関連付けられるエンティティ (カメラ、ドアなど) は、アラーム固有のプロパティであり、変更できません。
  • アラーム受領者は、常に Federation™ ホストに対してローカルに構成する必要があります。