ハードウェアゾーンの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アクセス・コントロール・ユニットが Access Manager に接続されていなくてもそれ自体で動作可能なゾーンを持つには、Security Center でハードウェアゾーンを作成する必要があります。

このタスクについて

ハードウェアゾーンを使用すると、アクセス・コントロール・ユニット自体が動作可能になるように I/O リンクの挙動をプログラムできます。ハードウェアゾーンは、ただ 1 つのアクセス・コントロール・ユニットによって制御できます。

手順

  1. [エリアビュー] タスクを開きます。
  2. [エンティティの追加] () > [ゾーン] をクリックします。
  3. ゾーンの作成ウィザードで、ゾーンの名前と説明を入力します。
  4. [ロケーション] でこのゾーンが一部となるエリアを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ゾーン情報] ページで、[ハードウェアゾーン] をクリックします。
  6. ダイアログボックスから、このゾーンを制御するアクセス・コントロール・ユニットを選択し、[OK] をクリックします。
  7. [作成] > [閉じる] をクリックします。

次のタスク

ハードウェアゾーンを構成します。