Security Center 向けの BeNomad マップソリューションのインストール - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center ライセンスに BeNomad が含まれている場合、BeNomad を使用してマップおよびリバースジオコーディング情報を提供する前に、オフラインマップをインストールする必要があります。

始める前に

Security Center ライセンスが作成された後で、地理的な位置に対応した BeNomad マップを含む .zip ファイルと、BeNomad ライセンス情報を含む一意の .glic ファイルが添付された電子メールが届きます。BeNomad のインストールには両方のファイルが必要です。

このタスクについて

BeNomad はすべての Security Center クライアントマシンにインストールする必要があります。

手順

  1. BeNomad .zip ファイルの内容をクライアントマシンに圧縮解除します。
    BeNomad という名前のフォルダーが作成されます。
  2. BeNomad フォルダーを、Security Center がインストールされるメイン・プログラム・フォルダーにコピーします。
    このフォルダーのデフォルトの場所は、C:\Program Files (x86)\Genetec Security Center 5.8 です。
  3. .glic ライセンスファイルをクライアントマシン上の BeNomad フォルダーにコピーします。
    Config Tool を起動すると、BeNomad マッププロバイダーが有効になります。