コンピューター上の動画デコードのパフォーマンスを最適化する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk は動画デコーダーと互換性のあるハードウェアを検出し、そのハードウェアを使用して動画デコードのアクセラレーションを行います。ハードウェアアクセラレーションは、特に複数の高解像度 H.264 ストリームを閲覧しているときのパフォーマンスを向上させます。

このタスクについて

推奨される動画カードとパフォーマンスベンチマークについては、を参照してください。

注: Security Desk は、Windows XP でのハードウェアアクセラレーションをサポートしません。

手順

  1. NVIDIA video カードでの動作を最適化するには、次のことを確認してください。
    • 動画カードが互換性のあるモデルであること
    • その動画カードに、動画の表示に使用しているモニターまたはプロジェクターが接続されていること
    • NVIDIA の公式ウェブサイトから入手できる最新のドライバーがインストールされていること
  2. Intel Quick Sync での動作を最適化するには、次のことを確認してください。
    • CPU が Quick Sync をサポートしていること。http://ark.intel.com を参照して確認してください。
    • CPU で統合されている動画カードが互換性のあるモデルであること
    • マザーボードに統合されている出力に、モニターが接続されていること
    • Intel 内蔵グラフィックスが BIOS で有効にされていること
    • Intel の公式サイトから入手できる最新のドライバーがインストールされていること
    注: ハイパフォーマンスコンピューター上では、Quick Sync を無効にすると NVIDIA GPU デコードのパフォーマンスが向上します。
  3. 複数の画面と複数の CPU での問題をトラブルシューティングするには、次のことを確認します。
    • Scalable Link Interface (SLI) モードが使用可能な場合は、このモードを無効にします。
    • 複数の NVIDIA 動画カードを使用する場合、各モニターをそれぞれ異なるカードに接続し、並行して使用します。
    • 複数の動画カードがそれぞれに異なるドライバーを使用する場合 (AMD、NVIDIA、Intel)、NVIDIA カードに接続されているモニターをプライマリモニターとして設定します。
    • 内蔵動画カードと個別の動画カードの両方を使用できる場合、NVIDIA 動画カードが推奨要件を満たすのであれば、内蔵動画カードを BIOS で無効にします。内蔵カードを使用可能な状態にしておくと、個別の動画カードのパフォーマンスが低下します。
    • (Intel および NVIDIA GPU を結合した) NVIDIA OPTIMUS テクノロジーを使用するラップトップに Security Center をインストールした後、動画を駆使するアプリケーション (Security DeskGenetec™ Video Player など) のそれぞれを起動し、NVIDIA GPU を要件とするアプリケーションとして登録します。初期セットアップの後は、アプリケーションは常に NVIDIA GPU を使用します。