Security Desk で一致 イベントと一致なし イベントを受信する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk一致 イベントと一致なし イベントを受信するには、ホットリスト照合を有効にして、Sharp がナンバープレートを有効なホットリストと許可リストと照合できるようにする必要があります。

始める前に

イベントがモニタリングされるよう、ホットリストまたは許可リストを有効にして LPR Manager の管理対象にする必要があります。

このタスクについて

ホットリスト照合が有効にされている場合、Security Desk一致 イベント (Sharp で読み取られたナンバープレートがホットリストで見つかった) と一致なし イベント (Sharp で読み取られたナンバープレートが特定のホットリストで見つからない) を基準として使用して、イベントに対するアクションを構成できます。

アクセスコントロールのシナリオでは、通常は一致なし イベントを使用します。たとえば、駐車場といった場所をモニタリングしている特定の Sharp ユニットにホットリストを関連付けることができます。このシナリオでは、Security Center ではナンバープレートヒット イベントに対するアクション (ゲートを開く、バリアーを解除するなど) により、該当する車両にアクセスを許可できます。さらに、一致なし イベントに対するアクションにより、アラームをトリガーしたり、セキュリティ担当者に電子メールを送信したりできます。

手順

  1. Config Tool ホームページで、[システム] > [ロール] の順にクリックします。
  2. 構成する LPR Manager を選択してから [プロパティ] タブをクリックします。
  3. [照合] オプションを [オン] にします。
  4. (任意) Sharp で読み取られたナンバープレートがホットリストまたは許可リストに含まれてない場合に「一致なし」イベントを生成するには、[一致なしイベントを生成する] オプションを [オン] にします。
  5. [適用] をクリックします。