Security Center でタスクを送信する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

調査タスクのためにモニタリング対象として特定のエンティティを選択した場合、または調査タスクに固有のクエリフィルターを構成した場合は、タスクを送信することで、そのタスクレイアウトを別のユーザーや Security Desk モニターと共有できます。

始める前に

デフォルトでは、タスクを受信するとワークステーションに確認ウィンドウが表示され、ユーザーがそのウィンドウでタスクを承認した後に、タスクが Security Desk に読み込まれます。タスクを Security Desk モニターに送信したときに確認ウィンドウが表示されないようにするには、受信側のワークステーション上で、[オプション] ダイアログボックスにある [別のユーザーから送信されたタスクを開くときに確認を求める] オプションを無効化します。

このタスクについて

タスクを Security Desk モニターに送信する機能は、一般にビデオウォールなど複数のモニターを使用するワークステーションで使用します。この機能を使用すると、タスクをウォール上の特定のモニターに直接送信できるため、オペレーターの介入が不要になります。

タスクを送信するには、受信側がオンラインでなければなりません。タスクを Security Desk モニターに送信する場合は、そのワークステーションにユーザーがログオンしている必要があります。

手順

  1. 送信するタスクを開きます。
  2. タスクを構成します。
    タイルのレイアウト変更、特定のカメラの表示、クエリフィルターの構成、モニタリング対象のエンティティの追加などの操作を行うことができます。
  3. タスクタブを右クリックし、[送信] をクリックします。
  4. [タスクの送信] ダイアログボックスが開きます。
  5. タスクを [ユーザー] または Security Desk の [モニター] のどちらに送信するかを選択します。
  6. [宛先を選択] リストで、タスクの送信先とするユーザーまたはモニターを選択します。
  7. (任意) タスクをユーザーに送信する場合、[メッセージ] フィールドにメッセージを入力します。
  8. [送信] をクリックします。

タスクの結果

[ 別のユーザーから送信されたタスクを開くときに確認を求める] オプションが受信側ワークステーションで有効になっている場合、確認を求めるメッセージが表示されます。タスクを読み込むには、その前に受信者がタスクを承認する必要があります。