許可制限の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center Config Tool で許可制限エンティティを作成した後で、施行シナリオに対してそれを構成する必要があります。

始める前に

許可制限を作成します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[LPR] > [許可制限] をクリックします。
  2. 構成する許可制限を選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. 許可制限に色を割り当てるには、[] アイコンをクリックし、色を選択して、[OK] をクリックします。

    色は Genetec Patroller™ および Security Desk の超過時間ヒット画面の他、Genetec Patroller™ マップ上の施行期限になっているプレート読み取りに表示されます。

  4. この制限が適用される時期を選択するには、[アイテムの追加] () をクリックします。

    [時間制限の追加] ウィンドウが開きます。

  5. [許可] ドロップダウンリストから、制限が適用される許可を選択します。
    全員
    許可されているかどうかにかかわらず、全員に対して駐車が許可されます。指定された期間、制限は施行されません。この制限は、他の制限と合わせて一時的オーバーライドとして使用されます。たとえば、大学でフットボールの試合を開催している場合、試合中は特定の許可所有者ではなく全員に駐車が許可されます。
    許可なし
    許可のない車両のみが駐車できます。たとえば、このタイプの制限を使用して訪問者の駐車ゾーンを予約できます。Genetec Patroller™ にダウンロードされた許可のいずれかにプレート読み取りが一致すると、ヒットが生成されます。
    すべての許可
    許可を持つ車両のみが駐車できます。Genetec Patroller™ にダウロードされた許可のいずれにもプレート読み取りが一致しない場合、ヒットが生成されます。
    特定の許可
    指定された許可を 1 つ以上持つ車両のみが駐車できます。指定された許可のいずれともプレート読み取りが一致しない場合、ヒットが生成されます。

    特定の時刻に複数の時間制限が適用される場合、1. 全員、2. 許可なし、3. すべての許可、4. 特定の許可の順序で制限を評価することで、競合を解決します。さらに、一致した許可が有効でない場合 (まだ有効でないか、すでに有効期限が切れているかのどちらか)、ヒットが生成されます。

  6. [適用される曜日] オプションで、駐車が許可される曜日を選択します。
    常時
    週 7 日
    週次
    月曜日から金曜日まで
    週末
    土曜日または日曜日
    カスタム
    適用する曜日を選択します。
  7. [適用される時間帯] オプションで、 1 日の中で駐車が許可される時間帯を選択します。
  8. [有効性] オプションで、 1 年の中で駐車が許可される日付を選択します。
    [1 年中] を選択するか、または日付ピッカーを使用して特定の期間を選択します。
    注: 期間は 1 日より長い必要があります。
  9. [追加] をクリックし、[適用] をクリックします。

タスクの結果

Security Center で許可制限エンティティが構成および有効化されます。

次のタスク

許可制限に対して、Security Center 内の駐車場を構成します。