カスタムイベントの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

イベントに対するアクションに使用可能な独自のカスタム Security Center イベントを作成できます。

このタスクについて

カスタムイベントを使用すると、ゾーン、侵入パネルなどからの入力信号により生成される標準イベントに説明的な名前を付けることができます。カスタムイベントはカスタムのイベントに対するアクションを構成するために使用されます。

たとえば、ゾーンエンティティの入力状態 (通常、有効、トラブル) を、不正なエントリまたはこのゾーンに対して長時間開放されているドアなど、何が発生したかを説明するカスタムイベントに関連付けることができます。Security Desk でこのカスタムイベントが受信されると、イベントに対するアクションを使用してアクションをトリガーできます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[一般的な設定] ビューをクリックして、[イベント] ページをクリックします。
  2. [アイテムの追加] () をクリックします。
  3. [カスタム イベントの作成] ダイアログボックスで、新しいイベントの [名前] を入力します。
  4. [エンティティ タイプ] ドロップダウンリストから、このイベントをトリガーするエンティティタイプを選択します。
  5. [] フィールドに、このカスタムイベントを他のカスタムイベントから識別する一意の値を入力します。
    これらの値はエンティティの論理 ID に関連していません。
  6. [保存] > [適用]の順にクリックします。