アクセス・コントロール・ユニットを交換する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アクセス・コントロール・ユニットで障害が発生し、Security Center でオフラインになった場合 () は、そのユニットを互換性のあるユニットで置き換えることができます。このプロセスでは、構成設定、ドア、エレベーター、ゾーンとの関連付け、イベントログが旧ユニットからコピーされるため、新しいユニットを構成する必要はありません。

始める前に

アクセス・コントロール・ユニットの交換準備を行います。

注意:
ユニット交換ツールによってすべての設定がコピーされるわけではありません。旧ユニット上の入力が監視対象であった場合、新規ユニット上で入力を再構成する必要があります。

手順

  1. 完全に配線が完了した新しいアクセス・コントロール・ユニットを、旧ユニットを制御していた Access Manager に追加しますSynergis™ ユニットについては、Synergis™ ユニットを構成する準備を参照してください。
  2. Access Manager を一時的に無効にします。
    1. [アクセスコントロール] タスクで、Access Manager を選択してから [メンテナンス] > [ロールを無効化]() の順にクリックします。
    2. 表示される確認ダイアログボックスで、[続行] をクリックします。

      Access Manager とこのロールで制御されているすべてのアクセス・コントロール・ユニットが赤色で示されるようになります。

  3. ホームページで [ツール] > [ユニット交換] の順にクリックします。
  4. [ユニットタイプ] オプションで [アクセス・コントロール・ユニット] を選択します。
  5. [] および [新規] のアクセス・コントロール・ユニットを選択します。
  6. [交換] をクリックします。
    (V1000 を Synergis™ に交換する場合のみ) V1000 の複数のサブパネル (インターフェイスモジュール) が同じ物理アドレスを使用している場合、V1000 の両方のサイドを Synergis™ ユニットのチャネルに接続してから [続行] をクリックします。

    旧アクセス・コントロール・ユニットの構成設定が新規ユニットにコピーされます。
  7. [アクセスコントロール] タスクで、Access Manager を右クリックしてから [メンテナンス] > [ロールを有効化]() の順にクリックします。
  8. [ロールとユニット] ビューで新規ユニットを選択し、構成設定がすべて正しいことを確認します。
  9. 旧ユニットを右クリックし、[削除] () をクリックします。
  10. 表示される確認ダイアログボックスで、[続行] をクリックします。

次のタスク

旧ユニット上の入力が監視対象であった場合、新規ユニット上で入力を再構成します。