ドアについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ドアエンティティは、物理的な障壁です。これは、多くの場合実際のドアですが、ゲート、回転式改札口、その他の制御可能な障壁を指すこともあります。各ドアには、デフォルトでの 2 つの側面があります。各側面は、保護されたエリアへのアクセスポイント (入口または出口) です。

ドアには、次の 3 つの基本的な構成があります。
  • カードイン/カードアウト - 2 つのリーダーが必要
  • カードイン/REX アウト - 1 つのリーダーが必要
  • リーダーレスドア - リーダーが不要

リーダーレスドア

ドア構成にリーダーが必要でない場合は、インターフェイスモジュール (HID VertX V200 や V300 など) で検出された I/O を使用して REX、ドアセンサー、ロックを制御できます。リーダーレスドアにアクセスルールをリンクする必要はありません。ただし、リーダーレスドアにロック解除スケジュールを割り当てることはできます。

リーダーレスドアの使用例を次に示します。
  • 非常口 - 外側からロックされ、内側から REX を使ってドアを開くための押しボタンが付いています。
  • スタジアム/劇場/アリーナ - すべての人が切符売り場を通って入場する必要がありますが、イベントの終了後は入場口の混雑を減らすため、多くの出口が開放されます。

ドア配線

すべてのドアセンサーとアクチュエータを電気技術者に確認してもらうのがベストプラクティスです。

ドアブザー

ドアの [ハードウェア] タブで、ブザーを鳴らすアクセス・コントロール・ユニットの出力を割り当てることができます。「ブザー」は、リーダーの警報器ではなく、アクセス・コントロール・ユニットの出力リレーに配線されている外付けのブザーを指します。ブザー出力は、ブザーを鳴らす および ブザーを鳴らさない アクションによってトリガーされます。

入場センサー

ドアの両側に入場センサーを構成することで、人数カウントの正確さを高め、高度なアクセス制限ルール (アンチパスバックや監督者先入ルールなど) をエリアに適用できます。入場センサーがトリガーされたときにのみ、システムは エンティティが検出されました イベントを生成できます。入場センサーがない場合は、ドアセンサーが使用され、ドアセンサーがトリガーされた時点で入場したとみなされます。どちらのタイプのセンサーもない場合は、アクセスが許可された時点で入場したとみなされます。

連続入場制限ルール

高度なセキュリティで保護されたエリアは、連続入場制限ルールによって保護できます。 連続入場制限ルールは、ドアに適用されるアクセス制限です。このルールが適用されているドアでアクセスを許可されるには、2 人のカード所有者 (訪問者を含む) が各自の認証情報を一定の間隔以内に順次提示する必要があります。
注: ホストが必要な訪問者は、連続入場制限ルールの連続入場者の 1 人としてカウントされません。
ヒント: 他のタイプのアクセス制限を施行する必要がない場合は、Security Center で保護されたエリアを構成しなくても、物理的なエリア (部屋) を保護するようにドアを構成できます。