デフォルトのホットリストおよび許可属性 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center では、以下のホットリストおよび許可属性がデフォルトで作成されます。

Category (必須)
駐車許可の名前。エントリを Genetec Patroller™ にダウンロードするには、許可リストのソース・テキスト・ファイルに含まれるこのフィールドが許可エンティティ名と正確に一致する必要があります。同じソースファイルに複数のカテゴリがある場合は、システム内の異なる許可エンティティに対して同じ許可リストを使用できます。

たとえば、以下は 3 つの異なる許可カテゴリ ([学生]、[教職員]、[メンテナンス]) を含む簡単な許可リストです。この同じ許可リストを 3 つの異なる許可エンティティ ([学生] 許可エンティティ、[教職員] 許可エンティティ、[メンテナンス] 許可エンティティ) に使用できます。各エンティティは同じソース・テキスト・ファイルを指すことができます。Security Center は、カテゴリが許可エンティティの名前と同じであるナンバープレート (および関連する情報) を抽出します。

Category フィールド 学生 QC;DEF228;2012-01-31;2012-05-31;PermitID_1
教職員 QC;345ABG;2012-01-31;2012-07-25;PermitID_2
メンテナンス QC;244KVF;2012-01-31;2012-03-31;PermitID_3
PlateState (オプション)
ナンバープレートの発行元の市区町村 (または、都道府県か国)
PlateNumber (必須)
ナンバープレート番号
EffectiveDate (オプション)
リスト上の許可が有効になる日付
ExpiryDate (オプション)
許可が無効になる日付
PermitID (オプション - 共有許可の施行、通常は大学駐車場管理および一部の都市駐車場管理アプリケーション)
許可リスト内の複数のエントリが同じ許可を共有する場合 (マイカー相乗り通勤の許可など) に使用します。PlateNumber でナンバープレートが特定された車両に対して発行された許可の数を識別するために使用できます。共有許可の場合は、通常、最大 4 台の車両の許可番号が同じになります。

違反があった場合は、Genetec Patroller™共有許可ヒットが生成されます。