拡張サーバーのメインサーバーへの接続 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

メインサーバーを新しいコンピューターに移動した場合はいつでも、Server Admin を使用して、Security Center システム内のすべての拡張サーバーをメインサーバーに再接続する必要があります。

始める前に

拡張サーバーのインストールが正常終了すると、自動的にメインサーバーに接続します。これらのステップは次の場合にのみ必要です。
  • 拡張サーバーのインストール時に間違った接続パラメーターをメインサーバーに入力した
  • メインサーバーを別のコンピューターに移行した
  • メインサーバー上のパスワードを変更した
  • 拡張サーバー上でディレクトリ認証を有効化したが、Directory 証明書が信頼された認証局 (CA)によって署名されていない

手順

  1. 次のいずれかの操作を実行して、拡張サーバー上の Server Admin ウェブページを開きます。
    • ウェブブラウザーのアドレスバーに http://computer:port/Genetec と入力します。ここで、computer は拡張サーバーのホスト名または IP アドレスで、portSecurity Center サーバーのインストール時に指定されたウェブ・サーバー・ポートです。

      デフォルト値 (80) を使用している場合、ウェブ・サーバー・ポートを省略できます。

    • ローカルホストから Server Admin に接続している場合、Windows スタートメニューの Genetec Security Center フォルダー内の Genetec™Server Admin () をダブルクリックします。
  2. パスワードを入力し、[ログオン] をクリックします。拡張サーバーの初期パスワードは、拡張サーバーのインストール時に入力したメインサーバーのパスワードです。このパスワードは、拡張サーバーが正常にメインサーバーに接続した後で、現在のメインサーバーのパスワードと同期されます。
    Server Admin [概要] ページが開きます。
  3. メインサーバーに接続していない場合、Server Admin ウィンドウの上部にある [メインサーバー接続] をクリックします。
  4. [サーバーアドレス] (メインサーバーのホスト名または IP アドレス) および [パスワード] を入力し、[保存] をクリックします。
  5. サービスの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    Genetec™ Server サービスが再起動する間、一時的に Server Admin からログオフします。
  6. Genetec™ Server サービスが再起動した後で、Server Admin に再度ログオンし、メインサーバーの接続を確認します。
    メインサーバーが接続されています。

    [常に Directory 証明書を検証する] が設定されている場合、Directory サーバーの ID が確認できないというメッセージが表示される場合があります。

  7. Directory サーバーの ID が確認できない場合、次の操作を実行します。
    1. [メインサーバー接続] をクリックします。
    2. ダイアログボックスで、メインサーバーの証明書が想定通りであることを確認し、[証明書を承諾する] をクリックします。
      重要: 承諾された証明書はローカルのホワイトリストに保管され、再度承諾することを求めるメッセージは表示されません。メッセージが表示される場合は、すぐに IT 部門に問い合わせてください。
      要確認: 誰かが新しいマシンから接続するたびにメインサーバー証明書の承諾が必要になることを避けるためには、自社の IT によって信頼される認証局が署名した証明書のみを使用します。
    3. [保存] をクリックします。
    4. サービスの再起動を求めるメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
      Genetec™ Server サービスが再起動する間、一時的に Server Admin からログオフします。

タスクの結果

拡張サーバーがメインサーバーに接続されました。2 台のサーバーの一方または両方で証明書を変更しても、変更時に 2 台のサーバーが接続されていれば、引き続き接続されたままになります。