カメラ - [モーション検出] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[動画] タスクで使用できる、カメラの [モーション検出] タブの設定について説明します。

[モーション検出] タブでは、カメラに対して複数のモーション検出構成を定義できます。各構成は、それぞれ異なるスケジュールに基づきます。
モーション検出
スケジュールされている期間に対してモーション検出をオンにしたりオフにしたりします。
検出元
モーション検出を Archiver で行うか (常に選択可能)、動画ユニットで行うか (すべてのユニットでこの機能がサポートされているわけではありません) を指定します。
感度
モーションブロックとして強調表示するのに、2 つの連続するフレームの間でどれだけの違いをブロック内で検出しなければならないかを制御します。最大の感度 (100%) を設定すると、画像ブロックでの極めてわずかな変動もモーションとして検出されます。感度を下げると、動画で検出されるモーションブロックの数が減ります。ノイズを生成しがちな設備では、感度を下げることができます。
自動キャリブレーション
明確なモーションを判断できるように感度を自動的に設定します。
連続フレームヒット数
モーションブロックの数が [モーションオンしきい値] の値に達したフレームは、ヒットと呼ばれます。このパラメーターに 1 より大きい値を設定すると、単一フレームの動画ノイズなどによる誤ったモーション検出ヒットを回避するのに役立ちます。この設定によって、特定の数の連続するフレームでヒットが観測されたときにのみ、明確なモーション検出が報告されるようにします。十分な数の連続ヒットが観測された場合、一連のヒットのうちの最初のヒットがモーションの開始としてマークされます。
高度な設定
録画のストリームとして [H.264] ストリームが選択されている場合、[高度な設定] ボタンが有効になります。このボタンをクリックすると、[H.264 モーション検出の高度な設定] ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで、H.264 ストリームのモーション検出設定の詳細な設定を行えます。
ベクトル強調
連続するフレーム間でのモーションベクトル値 (移動) の差に基づくモーション検出を設定します。
ルマ強調
連続するフレーム間でのルマ値 (明るさ) の差に基づくモーション検出を設定します。
カスタム
[ベクトル強調] と [ルマ強調] の事前設定値で適切な結果を得られない場合 (発生するモーションイベントの数が多すぎたり少なすぎたりする場合)、使用可能なスライダーを使用して設定をカスタマイズできます。適切な結果を得られるまで、次のスライダー値を 0 から 100 の範囲で調整します。値が大きいほど、検出されるモーションの数が多くなります。
  • [ルナの重み]。連続するフレーム間でのルマ値 (明るさ) の差に基づくモーション検出を設定します。
  • [彩度の重み]。連続するフレーム間での彩度 (色) の値の差に基づくモーション検出を設定します。
  • [ベクトルの重み]。連続するフレーム間でのベクトル値 (移動) の差に基づいてモーション検出を設定します。
  • [マクロブロックの重み]。フレームでの内部マクロブロックの有無に基づくモーション検出を設定します。この設定は、モーション検出インジケーターが静止フレームを指している場合に役立ちます。たとえば、一部のユニットは新しい基準点として内部マイクロブロックだけからなるフレームを生成します。この場合、画像全体をカバーするモーション検出ブロックが表示されます。[マイクロブロックの重み] を 0 に設定すると、このような事態が発生しなくなります。
モーション検出ゾーン
モーション検出ゾーンで、動画画像のモーションを検出する場所を定義します。構成ごとに最大 6 つのモーション検出ゾーンを定義できます。
モーション検出を目的に、動画画像は多数のブロックに分割されます (NTSC エンコーディング標準では 1,320 個、PAL では 1,584 個に分割されます)。これらのブロックのそれぞれを、モーション検出に対して個別に有効/無効にすることができます。モーション検出が有効にされているブロックは、動画画像上で半透明の青色のオーバーレイとして表されます。
モーションオンしきい値
有意なモーションとして報告される、モーションブロックの最小検出数を指定します。[連続フレームヒット数] と組み合わせて、明確なモーションが検出されます。
モーションオフしきい値
[モーションオンしきい値] がモーションの開始を検出するのと同様に、[モーションオフしきい値] はモーションの終了を検出します。モーションブロックの数が 5 秒以上 [モーションオフしきい値] に設定された値を下回ると、モーションは停止したとみなされます。
ゾーンをテスト
モーション検出ゾーンは青色のオーバーレイとして表示されます。モーションブロックは緑色のオーバーレイとして表示されます。モーションブロックの数はリアルタイムで更新されます。モーションブロックの数が [モーションしきい値] に達すると、モーションブロックが赤色で表示されます。
すべてのゾーンをテスト
このモードでは、すべてのモーション検出ゾーンが同時に表示されます。各ゾーンのモーションブロックの数は、個別に表示されます。
すべてのモーションを表示
動画画像全体でモーションをテストします。画像に含まれるあらゆるモーションがモーションブロック (緑色のオーバーレイ) として表示されます。モーションブロックの総数はリアルタイムで更新されます。カメラの感度の設定をテストするには、このモードを使用します。
イベント
システムが生成したモーション検出に関連するイベント (デフォルトまたはカスタムのイベント) を選択します。