ワークステーション上の負荷分散のバイパス - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

システム上に複数の Directory サーバーがある場合に、ユーザーが Security Center にログオンする際に別のサーバーにリダイレクトされないようにするため、負荷分散をパイパスできます。

このタスクについて

システムに複数の Directory サーバーがある場合、負荷分散が自動的に有効になります。つまり、ユーザーが Security Center にログオンするたびに、Directory Manager は前回のユーザーが接続したサーバーに基づいて、ログオン要求をリスト内の次の Directory サーバーにリダイレクトします。

特定のワークステーションで負荷分散の動作をパイパスすることができます (Config Tool および Security Desk に適用)。これはクライアントがリモート LAN 上にある場合に役立ちます。

手順

  1. ホームページから、[オプション] > [一般] の順にクリックします。
  2. [別の Directory サーバーへの接続リダイレクトを防止する] オプションを選択します。
  3. [保存] をクリックします。