侵入検出エリアについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

侵入検出エリアは、侵入パネル上のゾーンまたはパーティション (センサーのグループ) に対応するエンティティのタイプです。

侵入検出エリアは、そのエリアが構成されている侵入パネルがシステムに登録されたときに、Intrusion Manager ロールによって自動的に作成されます。

侵入検出エリアの大部分は構成できませんが、Security Deskイベントに対するアクションでモニタリングのために割り当てられたカメラは構成可能です。これらのカメラは、対応するゾーンが侵入パネルで更新されたときに、自動的に更新されます。

ユーザーは、侵入検出エリアに対して次のアクションを実行できます。
注: 使用する侵入パネルのタイプによっては、これらのアクションの一部を実行できない場合もあります。
マスター監視
マスター監視は、侵入検出エリアに帰属するいずれかのセンサーがトリガーされた場合にすべてのセンサーがアラームを鳴らすように設定してエリアを監視する方法です。 一部のメーカーでは、この監視モードは「外出時監視」と呼ばれています。
周囲監視
周囲監視は、侵入検出エリアの周囲に帰属するセンサーのみがトリガーされた場合にアラームを鳴らすように設定してエリアを監視する方法です。他のセンサー (エリア内部のモーションセンサーなど) は無視されます。
監視解除
エリアを監視解除します。これにより、選択した侵入検出エリアに関連するすべてのセンサーが侵入検出パネルで無視されます。
侵入検出アラームをトリガー
選択した侵入検出エリアに対する侵入検出アラームをトリガーします。
アラームを消す
選択した侵入検出エリアでアラームがアクティブになっている場合、侵入パネルで鳴っているサイレンを停止します。侵入パネルとアラームのタイプによっては、[アラームを消す] をクリックするとアラームが確認されます。
アラームを確認
選択した侵入検出エリアに対する侵入検出アラームを確認します。