MatcherSettings.xml ファイルの例 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

以下に、MatcherSettings.xml ファイルの例を示します。

A: マッチャー固有の設定

各施行タイプ (ホットリスト、許可、超過時間、MLPI) に固有の設定が、開始 <Matcher> タグとそれに対応する終了タグの間にリストされます。

たとえば、超過時間マッチャーの一連の設定は <OvertimeMatcher></OvertimeMatcher> で囲まれます。

B: OCR 近似文字

各施行タイプのデフォルトの OCR 近似文字が <OCR></OCR> の間にリストされます。

C: PerLength 設定

マッチャーごとに、不一致文字の許容数、文字長の異なるナンバープレートに対する OCR 近似文字の許容数を指定します。

要確認:
  • 12 行の PerLengthSetting があり、それぞれに NumberOfDifferencesAllowed タグと NumberOCREquiAllowed タグが含まれます。
  • PerLengthSetting 行は、プレート文字長に対応します。編集する行は、パトロール地域で使用されているナンバープレートの文字数によって異なります。
  • 最初の行は文字数ゼロのプレートを表すため、無視してください。2 番目の行は文字数 1 のプレートを表し、3 番目の行は文字数 2 のプレートを表すと言った具合に、最大 11 文字のプレート文字数を表す行まで続きます。
  • 複数の行を編集して、異なる文字数のプレートに設定を適用できます。

デフォルトの設定は PerLengthSettings です。この場合、不一致文字は許容されません。また、5 文字から 11 文字のプレートには OCR 近似文字が 1 つだけ許容されます。

D: 共通連続文字の設定

以下の設定は、超過時間駐車施行にのみ適用されます。
<NecessaryCommonLength>
最初のプレート読み取りと 2 回目のプレート読み取りで共通していなければならない最小文字数を指定します。さらに、共通する文字が同じ順序で出現する必要もあります。ただし、必ずしも連続している必要はありません。
<NecessaryContiguousLength>
最初のプレート読み取りと 2 回目のプレート読み取りで共通している必要がある文字列の最小長。