LPR Manager - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

[LPR] タスクの [プロパティ] タブで、LPR Manager ロールの全般設定とオプションの AutoVu™ 機能を構成できます。特定の機能が使用できるかどうかは、適用されている Security Center ライセンスに依存します。

全般設定

[全般設定] を使用して、LPR Manager のルートフォルダーGenetec Patroller™ インストール環境のユーザーグループ、LPR Manager からのデータをデータベースに保持する期間を構成します。
ルートフォルダー
LPR Manager をホストするコンピューター上のメインのフォルダー。このフォルダー内にすべての構成ファイルが作成されて保存され、LPR Manager とその管理対象の Genetec Patroller™ ユニットの間で交換されます。
ルートフォルダーのディスクスペースを最適化
たとえば、個々の Genetec Patroller™ ユニットに関連付けられている大規模なホットリストや許可リストがある場合、同じファイルを複数のフォルダー内に複製する際に、シンボリックリンクを使用してディスクの使用量を減らすことができます。これにより、ルートフォルダーに必要となるディスクスペース全体が削減され、Genetec Patroller™ 車載コンピューターへのファイル転送のパフォーマンスが最適化されます。
重要: ルートフォルダーがネットワークドライブ上にある場合、ローカルユーザーではなくドメインユーザーを使用して実行するように Genetec™ Server サービスを構成する必要があります。
Patroller のユーザーグループ
LPR Manager の管理対象パトロール車両へのログオンが許可されているユーザー (およびそのパスワード) のリスト。このリストがパトロール車両にダウンロードされます。
保持期間
Security Center で LPR 関連のデータをクエリ可能な日数を指定します。デフォルトは 90 日、指定可能な最大日数は 4000 日です。ここで指定された値よりも古い LPR 日付は、Security Center のクエリおよびレポート (ヒットレポート、読み取り結果レポートなど) に表示されません。
Genetec Patroller™ ルート保持期間
Genetec Patroller™ ルート データ (GPS 座標) をデータベースに保持する日数
ヒット保持期間
ヒットデータを LPR Manager データベースに保持する日数
ヒット画像保持時間
ヒット画像をリンク先の Archiver ロールで保持する日数。ヒット画像は常にヒットに関連付けられるため、[ヒット画像保持期間] の値を [ヒット保持期間] の値より大きくすることはできません。
読み取り結果保持期間
ナンバープレート読み取り結果 を LPR Manager データベースに保持する日数[読み取り結果保持期間] の値を [ヒット保持期間] の値より大きくすることはできません。読み取り結果保持期間がヒット保持期間より短い場合、ヒットに関連付けられている読み取り結果のみが保持されます。
読み取り結果画像保持期間
読み取り結果画像データをリンク先 Archiver ロールで保持する日数。ヒット結果画像は常に読み取り結果に関連付けられるため、[読み取り結果画像保持期間] の値を [読み取り結果保持期間] の値より大きくすることはできません。
イベント保持期間
Genetec Patroller™ イベント (ユーザーログオン、ログオフ、パトロール車両の位置) を LPR Manager データベースに保持する日数
駐車収容数保持期間
駐車収容数データを LPR Manager データベースに保持する日数
駐車ゾーンデータ保持期間
駐車ゾーンデータを LPR Manager データベースに保持する日数このデータには、駐車セッション情報 (駐車セッションの開始時間と状態遷移など) に加え、駐車ゾーン内で発生したイベントに関する情報が含まれます。[駐車ゾーンデータ保持期間] の値を [読み取り結果保持期間] の値より大きくすることはできません。

ライブ

[ライブ] 設定を使用して、Security Center と固定 Sharp カメラ間、さらに Security CenterGenetec Patroller™ 間でのデータ転送方法を構成します。
注: [ライブ] 設定を構成する必要があるのは、SharpOS 12.6 以前のバージョンで稼働している Sharp カメラを登録する場合、または Genetec Patroller™ 接続を構成する場合のみです。
リスニングポート
固定 Sharp カメラとパトロール車両からの接続要求をリッスンするために使用するポート。接続が確立されると、LPR Manager が管理対象 LPR ユニットからライブ更新を受信できるようになります。
注: 複数の LPR Manager を実行している場合、LPR Manager ごとに異なるリスニングポートを使用する必要があります。
Sharp Sharp Discovery ポート
LPR Manager がネットワーク上の固定 Sharp ユニットを検出するために使用するポートこの同じポート番号を、Sharp の [Discovery ポート] 設定で使用する必要があります。
注: Discovery ポートを設定する際は、ポート 5050 を使用しないでください。このポートはロガーサービス用に予約されています。
読み取り時に送信 (固定 Sharps のみ)
読み取られたプレートごとに Security Center に送信される Sharp 画像。LPR イベントのモニタリング中は、これらの画像が Security Desk に表示されます。
ナンバープレートの画像
プレート読み取りデータと併せて、ナンバープレートの高解像度クローズアップ画像が送信されます。
環境画像
プレート読み取りデータと併せて、車両の広角度の環境画像が送信されます。
チャネルセキュリティ
Security CenterGenetec Patroller™ 間の通信を暗号化します。
重要: このオプションを選択する場合、Genetec Patroller™ Config Tool でも暗号化を有効にする必要があります。
通信チャネルを暗号化
Genetec Patroller™Security Center 間の通信を暗号化します。
暗号化されていないメッセージを受け入れる
このオプションを選択すると、Security Center は暗号化オプションが有効にされていないパトロール車両からの着信接続を受け入れます。

LPM プロトコル

Sharp カメラ (LPM プロトコル対応の SharpOS 12.7 以降のカメラ) を LPR Manger ロールに接続すると、その接続は LPM プロトコルによって管理され、Security Center がセキュアで信頼性の高い接続を使用できるようになります。

リスニングポート
固定 Sharp カメラからの接続要求をリッスンするために使用するポート。接続が確立されると、LPR Manager が管理対象 LPR ユニットからライブ更新を受信できるようになります。

ファイルの関連付け

[ファイルの関連付け] 設定では、LPR Manager で管理するアクティブなホットリストと許可リストを指定します。
ホットリスト
Security Center 内のすべてのホットリストのリスト。このリストから、LPR Manager で管理するホットリストを選択します。
許可
Security Center 内のすべての許可リスト。このリストから、LPR Manager で管理する許可を選択します。

照合

[照合] 設定は、ホストリストと固定 Sharp ユニットとの照合を有効にするために使用します。照合を有効にすると、[一致] イベントと [一致なし] イベントの生成時にトリガーする、イベントに対するアクションを Security Desk で構成できます。
照合
照合を有効にすると、[ファイルの関連付け] でアクティブにしたホットリストに登録されているプレートを Sharp が読み取った時点でトリガーするイベントに対するアクションを Security Desk で構成できます。
一致なし イベントを生成
プレートが特定のホットリストで見つからないと、Security Center が [一致なし] イベントを生成します。このオプションを選択した場合、[一致なし] イベントに基づくイベントに対するアクションを Security Desk で構成できます。
過去に読み取ったものと照合
[過去に読み取ったものと照合] を有効にすると、システムは新規または更新されたホットリストを、以前キャプチャされたナンバープレート読み取り結果と照合します。
注:
  • データベース保持期間は構成可能です。構成された保持期間を経過したヒットはすべて、データベースから削除されます。
  • プレートに対してすでにホットリストヒットが生成されている場合、過去に読み取ったものと照合しても、そのプレートに対して重複するヒットは生成されません。
  • 過去に読み取ったものと照合するのにフェデレーションホットリストを使用することはできません。
  • 過去に読み取ったものとの照合に基づいてヒットが生成された場合、Security Desk の [ヒット] レポートで、そのヒットが [過去の一致] 列に示されます。
  • 過去に読み取ったものとの照合は、Patroller システムでも有効です。
ホットリスト
過去に読み取ったものとの照合に使用する 1 つ以上のホットリストを選択します。
注: 過去に読み取ったものとの照合でホットリストを使用するには、過去に読み取ったものとの照合が有効にされたロールまたは固定 Sharp カメラにホットリストを最初に関連付ける必要があります。
遡って検索する期間
過去に読み取ったものとの照合がトリガーされたときに、システムでどこまで過去に遡ってプレートを検索するかに関する制限を設定します。

ジオコーディング

ジオコーディング 機能は、パトロール車両から取得した GPS 生データ (経度、緯度) を住所に変換します。変換された住所は、読み取り結果と併せて LPR Manager データベースに保存されます。
注: パトロール車両に GPS が搭載されていて、マップは搭載されていない場合、ジオコーディングが必要になります。
マップタイプ
Security Center ライセンスで設定されているマップタイプを表示します。
マップとデータフォルダー
Benomad ファイルが格納されるフォルダー。このフォルダーは、LPR Manager がインストールされているのと同じコンピューター上に存在する必要があります。

プレートフィルタリング

[プレートフィルタリング] 設定では、ホットリストまたは許可リストに変更が加えられたことにより LPR Manager が無効な文字 (英数字以外の文字) を含むエントリを検出した場合に行う処理を指定します。
プレート番号に含まれる有効な文字
フィルタリングする文字のタイプ (ラテン語、アラビア語、または日本語で)。
無効なプレート番号
LPR Manager で無効なレコードを処理する方法
レコードを変更
(デフォルトの設定)。英数字以外の文字をプレート番号から削除します。たとえば、プレート番号「ABC#%3」は「ABC3」に変更されます。
レコードを削除
エントリごとリストから削除します。
フィルタリングを記録
フィルタリング処理をログに記録することを選択します。プレートフィルタリングのログは AutoVu™ のルートフォルダー C:\Genetec\AutoVu\RootFolder に保存されます。

メール通知

[メール通知] 設定で、ホットリストヒットのメール通知を有効にすることができ、さらにメールメッセージの外観と内容もカスタマイズできます。
メールの属性名
個々のナンバープレートレベルでのメール通知に使用されます。メール通知に関連するホットリストの属性名を入力します。たとえば、ホットリストエンティティの [プロパティ] タブで「Email」という属性を追加した場合、同じ名前をここに入力します。名前は完全に一致していなければなりません。
メールの添付ファイル
通知メールに添付する LPR データと、メッセージ本文でナンバープレート番号を非表示にするかどうかを指定します。
ナンバープレートの画像
ナンバープレートの高解像度のクローズアップ画像
環境画像
車両の広角度カラー画像
車輪撮像
読み取られたプレート番号を置き換えます。メール本文中で、一致したプレート番号をアスタリスク (*) で置き換えます。
メールを記録
ホットリストヒット通知メールをログに記録する場合は、このオプションを選択します。メールのログは AutoVu™ のルートフォルダー C:\Genetec\AutoVu\RootFolder に保存されます。
テンプレート
メールをカスタマイズします。次の方法を使用できます。
  • メールの件名またはメッセージ本文を編集します。
  • プレーンテキストと HTML を切り替えます。
  • フォーマット設定 (太字、斜体など) を追加します。
  • メッセージ本文を右クリックして、使用可能なクイックタグのメニューを表示し、メールの詳細を追加します。
  • いつでもデフォルトのメールテンプレートを復元できます。

XML インポート

[XML インポート] 設定を使用して、サードパーティ製アプリケーションのデータを LPR Manager データベースにインポートします。この設定を有効にすると、Security Center により XML インポートエンティティが作成され、インポートされたデータがそのエンティティに関連付けられます。ヒットレポートまたは読み取り結果レポートを実行する際は、Security DeskXML インポート エンティティをフィルタリングできます。
注: このオプションを使用するにはライセンスが必要です。詳細については、Genetec Inc. の担当者にお問い合わせください。
XML 読み取りテンプレートファイル
XML 読み取りテンプレートファイルの場所を指定します。デフォルトのテンプレートは Security Center インストールパッケージ内の Tools\LPR\XMLTemplatesSamples\XMLImport にあります。
注: ほとんどの場合、デフォルトのテンプレートを使用できます。
XML データフォルダー
Security Center でインポートする XML データファイルが格納されているフォルダーを指定します。
注: インポート処理が終了すると、このフォルダー内からファイルが削除されます。
サポートされる XML インポートハッシュタグ
次の XML インポートハッシュタグがサポートされます。ハッシュタグごとに開始 XML タグと終了 XML タグが必要です (たとえば、タグ#CONTEXT_IMAGE# を使用するには、XML で <ContextImage>#CONTEXT_IMAGE#</ContextImage> と記述する必要があります)。
#PLATE_READ#
Sharp によって読み取られたナンバープレート
#PLATE_STATE#
ナンバープレートを発行した都道府県または郡 (読み取られた場合)
#DATE_LOCAL#
現地時間での LPR イベント発生日
#DATE_UTC#
UTC 時間での LPR イベント発生日
#TIME_UTC#
UTC 時間での LPR イベント発生時刻
#TIME_ZONE#
LPR イベントのローカルタイムゾーン
#CONTEXT_IMAGE#
環境画像 (Base64 エンコード形式の PEG)
#PLATE_IMAGE#
ナンバープレートの画像 (Base64 エンコード形式 JPEG)
#LONGITUDE#
LPR イベントが発生した場所の経度 (10 進法の度数または DMS)
#LATITUDE#
LPR イベントが発生した場所の緯度 (10 進法の度数または DMS)
#GUID#
LPR イベントの固有 ID
#CUSTOM_FIELDS#
このハッシュタグで「キー = 値」の形式を使用することで、他のフィールドもインポートできます。キーは #CUSTOM_FIELDS#{KEY} としてフォーマット化します。
注: DATE と TIME のハッシュタグでは、日時形式を指定する必要があります。たとえば、#DATE_LOCAL#{yyyy/MM/dd}) と指定します。使用すべき形式について詳しくは、ここをクリックしてください。ハッシュタグが含まれてない場合、UTC に基づく日付と時刻をベースラインとして現地時間が計算されます。エラーが発生した場合、LPR Manager ロールがデータをインポートした時刻が使用されます。

XML エクスポート

[XML エクスポート] 設定を使用して、LPR Manager の読み取り結果とヒットをサードパーティ製アプリケーションに送信します。読み取り結果とヒットは発生と同時に送信されます。
XML テンプレートフォルダー
XML テンプレートファイルの場所を指定します。デフォルトのテンプレートは Program Files (x86)\Genetec Security Center X.X\Add-On\LPR\XMLTemplatesSamples\XMLExport にあります。LPR イベントのタイプ (プレート読み取り、ホットリストヒット、超過時間ヒット、許可ヒット、共有許可ヒット) ごとに XML テンプレートが用意されています。
注: ほとんどの場合、デフォルトのテンプレートを使用できます。
XML エクスポートフォルダー
LPR Manager によってエクスポートされた XML ファイルを格納するフォルダーを指定します。
時間形式
エクスポートされるファイルで使用する時間形式を入力します。時間形式入力すると、情報フィールドに、XML ファイル内でその時間形式がどのように表示されるかが示されます。
時間の単位を特定するには、次の表記を使用します。
表記 説明
h 時間
m
s
: 時間、分、秒の各単位をコロン (:) で区切ります。
hh,mm,ss 先行ゼロを使用して時刻を表示します。例: 03:06:03 は 3 時間 6 分 3 秒を表します。
h,m,s 先行ゼロを使用せずに表示します。例: 3:6:3 は 3 時間 6 分 3 秒を表します。
tt 午前または午後を示します。12 時制を使用する場合、A.M. または P.M. の表記を使用することもできます。単位の前にスペースを入れても入れなくても構いません。たとえば、HH:mm:ss tt は 17:38:42 PM のように表示されます。
小文字の h 12 時制。
大文字の H 24 時制。
日付形式
エクスポートされるファイルで使用する日付形式を選択します。MM/dd/yyyy または yyyy-MM-dd のいずれかを選択できます。たとえば、yyyy-MM-dd は 2016-06-21 のように表示されます。
サポートされる XML ハッシュタグ
次の XML エクスポートハッシュタグがサポートされます。ハッシュタグごとに開始 XML タグと終了 XML タグが必要です (たとえば、タグ#CONTEXT_IMAGE# を使用するには、XML で <ContextImage>#CONTEXT_IMAGE#</ContextImage> と記述する必要があります)。
#ACCEPT_REASON#
ヒットが受け入れられた理由
#ATTRIBUTES#
読み取りとヒットのすべての属性を生成します。
#CAMERA_NAME#
カメラの名称。
#CONTEXT_IMAGE#
環境画像 (Base64 エンコード形式の PEG)
#DATE_LOCAL#
現地時間での LPR イベント発生日
#ELAPSED_TIME#
超過時間ヒットの場合、このタグは 2 つのプレート読み取りの時間間隔を意味します (日数の表示はオプションです)。
#FIRST_VEHICLE#
共有許可ヒットの場合、このタグは最初に確認された車両に対して ReadTemplate.xml で指定されたコンテンツを生成します。
#FIRST_VEHICLE_FROM_STREET#
超過時間ヒットの場合、このタグは最初のプレート読み取りから From street 属性を取得します。
#FIRST_VEHICLE_TO_STREET#
超過時間ヒットの場合、このタグは最初のプレート読み取りから To street 属性を取得します。
#HOTLIST_CATEGORY#
ヒットを生成した、ホットリストのカテゴリフィールド
#GUID#
LPR イベントの固有 ID
#INVENTORY_LOCATION#
MLPI インストール環境の場合、車両インベントリの場所
#ISHIT#
このタグは、LPR イベントがヒットであるかどうかを示します。
#LATITUDE#
LPR イベントが発生した場所の緯度 (10 進法の度数)
#LATITUDE#{dms}
LPR イベントが発生した場所の緯度 (度数、分数、秒数)
#LATITUDE#{dec}
LPR イベントが発生した場所の緯度 (10 進法の度数)
#LATITUDE_DEGREE#
LPR イベントが発生した場所の緯度 (度数)
#LATITUDE_DMS#
LPR イベントが発生した場所の緯度 (度数、分数、秒数)
#LATITUDE_MINUTE#
LPR イベントが発生した場所の緯度 (分数)
#LATITUDE_SECOND#
LPR イベントが発生した場所の緯度 (秒数)
#LONGITUDE#
LPR イベントが発生した場所の経度 (10 進法の度数)
#LONGITUDE#{dec}
LPR イベントが発生した場所の経度 (10 進法の度数)
#LONGITUDE#{dms}
LPR イベントが発生した場所の緯度 (度数、分数、秒数)
#LONGITUDE_DEGREE#
LPR イベントが発生した場所の経度 (度数)
#LONGITUDE_DMS#
LPR イベントが発生した場所の経度 (度数、分数、秒数)
#LONGITUDE_MINUTE#
LPR イベントが発生した場所の経度 (分数)
#LONGITUDE_SECOND#
LPR イベントが発生した場所の経度 (秒数)
#MATCHED_PLATE#
ヒットが生成されたナンバープレート
#ORIGINAL#
超過時間ヒットの場合、このタグは所定のプレートの最初の読み取りに対して ReadTemplate.xml で指定されたコンテンツを生成します。
#OVERVIEW_IMAGE#
概観画像 (Base64 エンコード形式の PEG)
#PATROLLER_ID#
Patroller ユニットの ID
#PATROLLER_NAME#
パトロール車両ユニットの名称
#PERMIT_NAME#
LPR イベントが生成された許可の名称
#PLATE_IMAGE#
ナンバープレートの画像 (Base64 エンコード形式 JPEG)
#PLATE_READ#
Sharp によって読み取られたナンバープレート
#PLATE_STATE#
ナンバープレートを発行した都道府県または郡 (読み取られた場合)
#REJECT_REASON#
ヒットが却下された理由
#READ#
ReadTemplate.xml のコンテンツを別の XML テンプレート内に埋め込みます (ヒットに役立ちます)。
#RULE_COLOR#
LPR イベントに関連付けられているルールの色
#RULE_ID#
LPR イベントに関連付けられているルールの ID
#RULE_NAME#
LPR イベントに関連付けられているのルールの名称 (ホットリスト、超過時間、許可、または、許可制限)
#SECOND_VEHICLE#
共有許可ヒットの場合、このタグは 2 番目に確認された車両に対して ReadTemplate.xml で指定されたコンテンツを生成します。
#SECOND_VEHICLE_FROM_STREET#
超過時間ヒットの場合、このタグは 2 番目のプレート読み取りから From street 属性を取得します
#SECOND_VEHICLE_TO_STREET#
超過時間ヒットの場合、このタグは 2 番目のプレート読み取りから To street 属性を取得します。
#SHARP_NAME#
プレートを読み取った Sharp の名称
#STATE#
ナンバープレートを発行した都道府県または郡 (読み取られた場合)
#TIME_LOCAL#
現地時間。
#USER_ACTION#
LPR イベントに関連するユーザーアクション
#USER_ID#
ユーザーの ID
#USER_NAME#
ユーザーの名前
#VEHICLE#
#READ# と同じ

更新プロバイダー

LPR ルートフォルダー内に更新ファイルを受信するために必要なサブフォルダーを作成するには、[更新プロバイダー] を有効にします。また、Genetec Patroller™Sharp の更新に使用するリスニングポートも指定する必要があります。LPR Manager はこのポートを使用して、新しいホットフィックス、ヒット警告音、ホットリスト、ファームウェアなどでパトロール車両と Sharp カメラを更新します。
リスニングポート
Security Center がパトロール車両および接続された Sharp ユニットならびにネットワーク上の固定 Sharp に更新を送信するために使用するポート。

AutoVu™ Free-Flow

Pay-by-Plate Sync プラグインを使用してサードパーティの駐車許可プロバイダー用に駐車イベントの XML エクスポートを構成するには、[AutoVu™ Free-Flow] を有効にします。

照合
一致許容しきい値
この値は、入場時と退場時のプレート読み取りで許容される文字の違いの数を指定します。異なる文字の数がこの値を超えなければ、一致するプレートとみなされます。値を 0 に設定することは、完全一致を意味します。
重要: この値を大きくしすぎると、読み取られたプレートが誤った車両に関連付けられる可能性があります。デフォルト値は 1 です。
ペイバイプレート
サーバー
Pay-by-Plate Sync がインストールされているマシンの IP アドレスを入力します。
ポート
Pay-by-Plate Sync 接続に使用するポート番号を入力します (デフォルト: 8787)。
XML エクスポート
XML エクスポートフォルダー
AutoVu™ Free-Flow XML データのエクスポートフォルダーを指定します。
エクスポートに車両画像を含める
デフォルトでは、エクスポートされた XML ファイルに車両画像は含まれません。車両画像を含めるには、[レポートに車両画像を含める] を選択します。
注: 車両画像を含めると、XML エクスポートファイルのサイズが大きくなります。
収容数をエクスポートする

駐車ゾーン収容状況データを別個の XML ファイルにエクスポートします。

違反をエクスポートする
車両が違反している場合、車両情報が別個の XML ファイルとしてエクスポートされます。
完了したセッションをエクスポートする
車両が駐車場を退場した時点で、駐車セッション情報が別個の XML ファイルとしてエクスポートされます。
イベント
容量のしきい値
収容台数しきい値到達 イベントを生成する駐車ゾーンの収容台数しきい値を指定します。