Config Tool を使用した Security Center へのログオン - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center にログオンするには、Config Tool を開き、Security Center Directory に接続する必要があります。

始める前に

ユーザー名、パスワード、および接続するメインサーバーの名前がわかっていることを確認します。

このタスクについて

Security Center へのログインは通常、2 種類の認証に関係します。
  • Directory (メインサーバー) は接続を要求する人 (ユーザー) によって認証される必要があります。
  • 接続を要求する人は Directory によって認証および認可される必要があります。

Security Center は認証処理を処理するためにさまざまなオプションを提供します。管理者がシステムをセットアップした方法により、ログオン手順は異なる場合があります。

ログオン後、Config Tool を閉じずに Directory から切断できます。アプリケーションを終了しないログオフは、別のユーザー名とパスワードを使用してログオンすることを計画している場合に便利です。

手順

  1. [スタート] > [すべてのプログラム] > [Genetec] Security Center 5.8 > Config Tool をクリックして、Config Tool を開きます。
  2. [ログオン] ダイアログボックスで、Directory としてのメインサーバーの名前または IP アドレスを入力します。
    注: メインサーバー上で Config Tool を実行している場合、メインサーバー名の代わりに Localhost と入力できます。

    Directory が応答しない場合、サーバーがオンラインであること、およびネットワーク構成でコンピューターがメインサーバーにアクセス可能であることを確認します (ホスト名、IP アドレス、ファイアウォールルールを確認)。

    Directory が信頼されていない場合、介入者攻撃の兆候である可能性があります。ご自身 (または管理者が) がアクセス先のサーバーが保護されていることを確認できない場合は、処理を進めないでください。

    南京錠アイコンをクリックすると、詳細な情報が表示されます。

    管理者がそのサーバーを信頼できると確認した場合、[続行して同じ質問を表示しない] をクリックします。そのマシンの証明書はマシンに保管され、証明書が変更されない限り、その同じ Directory への将来の接続は信頼されます。

  3. Security Center ユーザー名およびパスワードを入力します。
    Security Center をインストールした直後は、Admin および空白のパスワードを入力します。

    シングルサインオン (Active Directory または ADFS) が導入されている場合、ユーザー名にドメインを追加する必要があります (例: Username@DomainName)。

    Security Center がドメイン上で ADFS による パッシブ認証 が有効であることを検出した場合、ユーザー名を入力した後で、ID プロバイダー により表示されるウェブフォームへリダイレクトされます。パッシブ認証を使用したログオン にスキップします。

  4. Windows ユーザーアカウントを使用してログオンするには、[Windows 認証情報を使用] を選択します。
    このオプションはシステムに Active Directory がセットアップされている場合にのみ使用できます。

    注: クライアントワークステーションがサーバーと同じドメインにない場合、または異なる Windows アカウントを使用して Security Center にログオンする場合、[Windows 認証情報を使用] オプションをクリアして、ユーザー名を DOMAIN\Username の形式で入力する必要があります。

  5. [ログオン] をクリックします。
  6. ログオフするには、ホーム () タブをクリックし、[ログオフ] をクリックします。