動画ファイル用のストレージ容量の解放 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

各ディスクグループ内で、新しい動画ファイル用にストレージ容量を解放できます。

始める前に

このタスクについて

動画ファイル用にストレージ容量を解放する方法はいくつかあります。次の方策を組み合わせて使用すると、使用可能なストレージを最大化するのに役立つ場合があります。
  • 使用可能なディスク容量が低下した場合に、最も古い動画ファイルを削除します。この方策は、ほとんどの動画映像が等しく重要で、できるだけ多くの映像を維持したい場合に推奨されます。これによりディスク使用率が最大になります。
  • カメラのアーカイブ保持期間を設定し、録画された映像をオンラインで維持する必要がある時間の長さを指定します。保持期間が終わると、動画は自動的に削除されます。この方策は重要度のより高い動画映像をより長い期間維持します。
  • 動画ファイルのサイズと長さを制限します。多数の短い動画シーケンスが削除されないように保護する場合、動画ファイルのサイズを制限すると、ストレージの使用率を最大化するのに役立つ場合があります。
  • 保護された動画ファイルに割り当てられるディスクストレージ容量を制限します。そうしたファイルは通常のクリーンアップ処理中に自動で削除されません。
重要: ディスク容量がなくなると、アーカイブは停止します。ファイル保持の方策を、使用可能なストレージ容量に合わせて調整することを強く推奨します。ストレージがフルになった場合にのみファイルを削除することはアーカイブのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

手順

動画ファイル用にストレージ容量を解放するには:

  1. [動画] タスクを開き、構成する Archiver または Auxiliary Archiver を選択します。
  2. [リソース] タブをクリックし、[高度な設定] をクリックします。
  3. [詳細設定] ウィンドウで、必要に応じて、次のオプションを設定します。
    • [ディスクがいっぱいになったときに最も古いファイルを削除する] を [オン] に設定します。
    • [保護された動画のしきい値] を、保護された動画ファイルがディスク上で占有可能なストレージ容量の最大パーセンテージに設定します。

      このしきい値を超過した場合、Archiver は保護された動画のしきい値を超過しましたイベントが 15 分間隔で生成されるため、動画ファイルを確認して、不要になったファイルを削除できます。Archiver は保護されたファイルを削除しません。

    • [動画ファイル] セクションで、次の項目を設定します。
      • 動画シーケンスの [最大長] (分単位)。
      • 動画ファイルの [最大サイズ]。[指定] を選択し、最大サイズをメガバイト単位で設定します。
  4. 詳細設定を構成した後で、[OK] > [適用] をクリックします。

Archiver または Auxiliary Archiver によって保管される動画の保持期間を設定するには:

  1. [動画] タスクで、ロール・エンティティ・ツリー内の Archiver または Auxiliary Archiver を選択し、次のいずれかを実行します。
    • Archiver ロールを選択した場合、[カメラのデフォルト設定] タブをクリックします。
    • Auxiliary Archiver ロールを選択した場合、[カメラ録画] タブをクリックします。
  2. [自動クリーンアップ] を必要な日数に設定し、[適用] をクリックします。

特定のカメラの保持期間を設定するには:

  1. [動画] タスクで、ロール・エンティティ・ツリーを展開し、カメラを選択します。
    これはより重要な動画映像を持つカメラに役立ちます。
    ヒント: PTZ カメラは動きが多くなると、より多くのストレージを使用することがよくあるので、より短い保持期間を設定すると良い場合があります。
  2. [録画] タブをクリックします。
  3. [録画設定] が [Archiver から継承] に設定されている場合は、[カスタム設定] に切り替えます。
  4. [自動クリーンアップ] を必要な日数に設定し、[適用] をクリックします。