Security Center クライアントアプリケーションをメンテナンスモードに設定する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

システムの構成設定を変更する場合、すべての Security Center クライアントアプリケーション (Security Desk、Config Tool、Web Client) をメンテナンスモード に設定すると、アプリケーションの正常性統計への影響を回避できます。

このタスクについて

予期しない停止時間 (アプリケーションが利用不可になる期間) は、そのアプリケーションの正常性統計に影響を与えます。ただし、アプリケーションがメンテナンスモード になっていれば、停止時間は計画的な 停止とみなされるため、そのアプリケーションの可用性の計算で使用されません。
注: アプリケーションをメンテナンスモードに設定しても正常性イベントは停止しませんが、すべての正常性イベントは通知イベントとして報告されます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. Health Monitor を選択してから [プロパティ] タブをクリックします。
  3. [クライアントアプリ、メンテナンスモード] オプションを [オン] に切り替えてから [適用] をクリックします。