許可について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

許可は、1 つの駐車許可所有者リストを定義するエンティティのタイプです。各許可所有者は、カテゴリ (許可ゾーン)、ナンバープレート番号、ナンバープレートを発行した都道府県、および (オプションで) 許可の有効範囲 (有効開始日と有効期限日) によって特徴付けられます。許可は、都市駐車場管理と大学駐車場管理の両方で使用されます。

許可エンティティは、AutoVu™ が注目すべき車両を識別するために使用する手段の系列 (ヒットルールと呼ばれる) に属します。ヒットルールの他のタイプとして、ホットリスト超過時間許可制限があります。プレート読み取り結果がヒットルールに一致すると、その読み取り結果はヒットと呼ばれます。読み取り結果がGenetec Patroller™ に読み込まれたどの許可とも一致しない場合は、許可ヒットが生成されます。

都市駐車場管理での許可

都市駐車場管理では、許可リストを作成し、その基本プロパティを構成しますが、駐車場や許可制限を定義する必要はありません。許可を適用する時間と場所を決定するのは、市町村です。パトロール車両のオペレーターは、街路に表示されている駐車ルールの標識に基づいて、Genetec Patroller™ で施行する許可を選択します。

大学駐車場管理での許可

大学駐車場管理では、都市駐車場管理と同じように許可リストを作成および構成しますが、許可制限と駐車場を割り当てて、Genetec Patroller™ にダウンロードされる施行「ゾーン」も作成する必要もあります。この追加の構成が必要になる理由は、パトロール車両によるモニタリングが、何らかの規制がすでに適用されている市街道路ではなく、個々の駐車場を対象としているためです。

この例では、許可制限を使用して、異なる許可所有者に異なる時間制限を指定しています。

共有許可

許可リストには許可 ID と呼ばれるフィールドがあり、許可リストのソースファイルに同じ許可 ID 値を指定することで、異なる車両が同じ許可を共有できます。たとえば、マイカー相乗り通勤の許可を複数の車両で共有できます。マイカー相乗り通勤の各メンバーは、交替で他のメンバーを職場や学校に送ります。このため、各メンバーは同じ駐車許可を共有する必要があります。

この場合でも、許可は一度に 1 台の車両にしか適用されません。たとえば、マイカー相乗り通勤の 4 人のメンバー全員が同じ日に自分の車両を使用する場合、全員がそのマイカー相乗り通勤の許可を使用して同時に駐車することはできません。Genetec Patroller™ は、マイカー相乗り通勤の許可を使用する 1 台の車両 (最初に検出されたナンバープレート) に駐車を許可しますが、同じ許可を使用する他の車両を検出するたびに共有許可ヒットを生成します。

注: AutoVu™ Free-Flow インストール環境での共有許可の動作については、AutoVu™ Free-Flow での共有許可についてを参照してください。