イベントに対するアクションの変更 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

イベントに対するアクションを変更する必要があり、Security Center でそれらの長いリストがある場合、ソースエンティティ (名前とタイプ)、イベントタイプ、およびアクションタイプを組み合わせて検索できます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[全般設定] ビューをクリックします。
  2. [アクション] ページをクリックし、[高度な検索] () をクリックして、検索フィルターを表示し、次のようにイベントに対するアクションを除外します。
    エンティティ名
    検索文字列で始まるソースエンティティ名を検索します。
    エンティティタイプ
    特定のソース・エンティティ・タイプを選択します (デフォルト=All)。
    イベント
    特定のイベントタイプを選択します (デフォルト=All)。
    アクション
    特定のアクションタイプを選択します (デフォルト=All)。
  3. イベントに対するアクションを選択し、[アイテムの編集] () をクリックします。
  4. [イベントに対するアクション] ダイアログボックスの [タイミング] ドロップダウンリストから、イベントタイプを選択します。
    1. (オプション: カメライベントのみ) カメラ動画分析イベントを選択する場合、カメラ分析イベントの条件を指定できます。たとえば、[顔が検出されました] または [顔が認識されました] などです。
    2. (オプション: LPR のみ) [ナンバープレートが読み取られました] を選択する場合、LicensePlateRead イベントの条件を指定できます。
    3. (オプション: カスタムイベントのみ) [カスタムイベント] を選択する場合、イベントに対するアクションをトリガーするマクロに含める必要がある and フィールド内のテキスト文字列を指定できます。
  5. [ソース] オプションで、[すべてのエンティティ] をクリックし、イベントをトリガーするエンティティを選択します。

    デフォルトで、任意のエンティティが選択されたイベントタイプをトリガーすると、イベントに対するアクションが発生します。特定のエンティティを選択する場合、他のパラメーターを設定する必要がある場合があります (たとえばドアを選択する場合、ドア側面も選択する必要があります)。

  6. [アクション] ドロップダウンリストから、アクションタイプを選択し、そのパラメーターを構成します。
    たとえば、電子メールを送信アクションを選択する場合、レポートまたはイベントに関連するフィールドを含めることが可能な電子メール・テンプレート・メッセージを作成できます。この場合、{CardholderName} フィールドを使用し、{CardholderName} による未許可のアクセス試行というメッセージを作成できます。
  7. [有効] オプションで、[常時] をクリックし、このイベントに対するアクションがアクティブになるスケジュールを選択します。

    定義済みのスケジュール期間外にイベントが発生しても、アクションはトリガーされません。たとえば、窓が開いた場合にアラームを鳴らすのを週末だけに制限できます。デフォルトでは、[常時] が選択されます。

  8. [保存] をクリックします。

    イベントに対するアクションタイプに必要なすべての引数が指定されるまでは、[保存] ボタンは有効になりません。

  9. イベントに対するアクションを削除するには、アイテムを選択し、[削除] () をクリックします。
  10. [適用] をクリックします。