脅威レベルのアクション - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

通常、アクションは特定のエンティティに適用されます。しかし、脅威レベルに対して構成するアクションは、特定のエンティティに適用することも、そのアクションに関連するエンティティタイプのすべてのエンティティに適用することもできます。

たとえば、録画を開始 アクションは通常 1 つのカメラに適用されます。しかし、脅威レベルを構成する場合は、[すべてのエンティティ] を選択すると、その脅威レベルが設定されたときにすべてのカメラが録画を開始するようになります。
注: アクションに対して特定のエンティティを選択した場合は、脅威レベルが設定されたエリアに存在するエンティティかどうかに関係なく、選択したエンティティにアクションが適用されます。

脅威レベル専用のアクション

脅威レベルの構成に固有のアクションを以下に示します。

アクション名 ターゲットエンティティ 説明
最小セキュリティクリアランスの設定 エリア (ロケーション) アクセスルールによって課せられる制限に加え、カード所有者がエリアに入場するために必要な最小セキュリティ・クリアランス・レベルを設定します。

追加のパラメーター:

セキュリティクリアランス
選択したエリアに入場するために必要な最小セキュリティ・クリアランス・レベル (0=最高レベル、7=最低レベルまたは特別なクリアランスは不要)

[セキュリティクリアランス] オプションは、管理ユーザーにのみ表示されます。このアクションは、この機能をサポートするドアコントローラーでのみ機能します。サポートされる値の範囲は、アクセス・コントロール・ハードウェアによって異なります。

最小ユーザーレベルの設定 該当なし 脅威レベルが設定されたときに、指定したレベルより低いユーザーレベルのユーザーをログアウトさせ、再びログオンできないようにします。

追加のパラメーター:

ユーザーレベル
システムにログオンするため、またはシステムにログオンした状態を維持するために必要な最小ユーザーレベル (1=最高レベル、254=最低レベル)

このアクションは、脅威レベルがシステムレベルで設定された場合にのみ実行されます。脅威レベルを設定するユーザーのユーザーレベルが必要最小限より低い場合、そのユーザーは脅威レベルが設定された時点でシステムからログオフされます。

リーダーモードを設定 エリア、ドア (ロケーション) ドアにアクセスするためのリーダーモードを設定します。

追加のパラメーター:

リーダーモード
選択したエリアでカードと PINカードまたは PIN のどちらを使用してアクセスを許可するかを選択します。

このアクションは、この機能をサポートするドアコントローラーとリーダーでのみ機能します。