Security Center の高可用性機能について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

高可用性は、システムを通常より高い作動レベルで実行できるようにする設計手法です。これには、多くの場合、フェールオーバーと負荷分散が含まれます。

システムの継続的なアクセスを保証し、データを確実に保護するため、Security Center には次のような高可用性機能が用意されています。
Directory フェールオーバー
プライマリサーバーに障害が発生しても、Directory ロールを引き続き使用できるようにします。Directory ロールは他のすべてのロールのフェールオーバーを処理するため、Directory ロールを常に使用可能にしておくことが重要です。
Directory の負荷分散
Directory フェールオーバーのもう 1 つのメリットです。最大 5 台のサーバーを Directory ロールに割り当てて、そのワークロードを共有できます。Directory フェールオーバー用にセットアップされたすべてのサーバーが自動的に負荷分散に使用されます。
データベースフェールオーバー (Directory ロール専用)
次のいずれかの方法を使用して Directory データベースを保護します。
バックアップと復元
データベースを定期的にバックアップし、フェールオーバーが発生した場合はそれを復元します。
Microsoft SQL Server のデータベースミラーリング
データベースインスタンスが Microsoft SQL Server によって同期した状態に維持されます。
Archiver フェールオーバー
Archiver のプライマリサーバーに障害が発生しても、Archiver ロールと動画アーカイブ機能を引き続き使用できるようにします。
その他のロールのフェールオーバー
システム内のその他のロールのプライマリサーバーに障害が発生しても、そのロールを引き続き使用できるようにします。ロールデータベースを保護する必要がある場合は、SQL Server クラスタリングまたはデータベースミラーリングのいずれかのサードパーティ製ソリューションを検討してください。
NEC ExpressCluster X LAN
フェールオーバーをサポートしないロール向けのサードパーティ製ソリューションです。
Windows 2008 Server フェールオーバークラスター
フェールオーバーをサポートしないロール向けのサードパーティ製ソリューションです。

高可用性を確保する他の方法として、問題の早期発見と問題の再発防止があります。