カメラ整合性モニタリングの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

不正解錠向けにカメラをモニタリングするには、各カメラで整合性モニタリングを構成する必要があります。

このタスクについて

カメラ整合性モニタリングは固定カメラとして使用される PTZ カメラのみをサポートします。カメラの位置を変更した場合、カメラ整合性モニタリングが「正常な」カメラ表示とみなすべきものを再計算できるように、カメラで整合性モニタリングをリセットする必要があります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 構成するカメラを選択し、[ID] タブをクリックします。
  3. (オプション) サムネイルがない場合、ライブ動画のスナップショットをサムネイルとして保存します。
    サムネイルは、オペレーターがカメラの不正解錠イベントを受信するときに、カメラの実際の問題を確認するために使用可能な参照画像です。サムネイルは整合性モニタリングのためにシステムによって使用されることはありません。
    1. サムネイルエリアの内側で、[再生] () をクリックします。
    2. [サムネイルの更新] () をクリックします。
  4. [動画分析] タブをクリックし、[カメラ整合性モニタリング] を [オン] に設定します。
  5. [選択されたプリセット] リストで、感度プリセットを選択します。
    感度プリセットはカメラ整合性モニタリングが画像中の変更を許容する程度を定めます。デフォルトの設定は中感度です。予測される不正解錠イベントを得られない場合は高感度プリセットに切り替え、誤検出が多すぎる場合は低感度に切り替えます。
  6. [適用] をクリックします。