HID VertX コントローラーでのリーダーの監督の有効化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk および Config Tool の HID ユニットにより制御されるドアでオフラインになるリーダーをモニタリングするために、Config Tool の HID ユニットでリーダーの監督を有効化し、各リーダーに HID 構成カードを提示する必要があります。

始める前に

Wiegand リーダー用の HID 構成カードを自由に使用できることを確認します。たとえば、iCLASS SE リーダーの場合、構成カードは次のとおりです。
  • SEC9X-CRD-0-043J は監督を有効化
  • SEC9X-CRD-0-0000 は監督を無効化

このタスクについて

Security Desk で、ドアに関連付けられたドアのいずれかがオフラインになると、ドアオフライン: デバイスがオフラインですイベントが発生します。
ヒント: ドアオフライン: デバイスがオフラインですイベントはユニットの切断とリーダーの切断の両方によりトリガーされます。したがって、アクセス・コントロール・ユニットもモニタリングしなければどちらが原因か判断できません。ドアに 2 台のリーダーがある場合、Config Tool にアクセスし、[周辺機器] ページでどのリーダーがオフラインになっているかを特定する必要があります。
制約事項: リーダーがいつ再びオンラインになるかがわかるイベントはありません。

手順

HID VertX ユニットでリーダーの監督を有効化するには:

  1. Config Tool ホームページから、[アクセスコントロール] タスクを開き、[ロールとユニット] ビューをクリックします。
  2. 変更する HID ユニットを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [全般設定] セクションで、[リーダーの監督] を選択します。
    この HID ユニットに接続されているすべてのリーダーを監督対象として構成する必要があります。
  4. リーダーがオフラインであることを検出するために使用される [タイムアウト] を設定します。
    タイムアウトの値は、リーダーで構成されている [有効] 信号のサイクル時間 (デフォルト = 10 秒) の 3 倍以上に設定することをお勧めします。
  5. [適用] をクリックします。
  6. 監督対象の各物理リーダーを構成します。
    1. リーダーの電源を入れなおします。
    2. 起動時にリーダー LED が紫になる場合、リーダーのビープ音が停止するまで、HID 構成カードをリーダーに提示したまま待ちます。
    3. HID ユニットに接続されている各リーダーで同じ処理を繰り返します。

HID VertX ユニットでリーダーの監督を無効化するには:

  1. ユニットの [プロパティ] ページで、[リーダーの監督] をクリアし、[適用] をクリックします。
  2. 2 番目のカードを提示することで、各物理リーダーから監督を無効化します。