Security Center から SharpV をアップグレードする - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

SharpV カメラがワイヤレスまたはネットワークで Security Center に接続されている場合、Security Center Updater Service を使用して SharpV に更新をプッシュできます。

このタスクについて

Security Center から更新をプッシュすると、SharpV の更新が自動的にインストールされます。

手順

  1. (最初の更新のみ) Security Center Config Tool で Updater Service を有効にして、リスニングポートを指定します。
    1. Security Center Config Tool にログオンします。
    2. Security Center Config Tool の [ホーム] ページから [LPR] > [ロールとユニット] に移動し、更新するユニットを制御している LPR Manager を選択してから [プロパティ] をクリックします。
    3. [更新プロバイダー] を有効にし、リスニングポートを指定します。
      このポート番号は、SharpV ウェブポータルの [拡張設定] ページで指定されている [更新プロバイダーポート] と一致している必要があります。
    Security Center により、コンピューター上の LPR ルートフォルダーUpdates フォルダーが作成されます。このフォルダーは通常、C:\Genetec\AutoVu\RootFolder\Updates にあります。
  2. SharpV 更新を Upgrade フォルダーにコピーします。たとえば、C:\Genetec\AutoVu\RootFolder2\Updates\SharpOS\Upgrade フォルダーです。
    1. Security Center Config Tool の [ホーム] ページから [LPR] > [全般設定] > [更新]に移動して、システム上の SharpV ユニットを表示します。
    2. Genetec Patroller™ および SharpV ユニット のタブをクリックします。
    3. 更新するコンポーネントのドロップフォルダーにマウスポインターを合わせます。
      フォルダーの場所を示すツールチップが表示されます。LPR Manager ロールをホストしているコンピューター上で操作している場合、[ドロップフォルダー] アイコンをクリックすると自動的にこのフォルダーが開きます。
    4. 更新をドロップフォルダーにコピーします。
      zip ファイルをフォルダーにコピーすると、ファイル名が .zip から .processed に変わります。これは、LPR Manager が更新を圧縮解除して、AutoVu™ コンポーネントに送信できる状態にしたことを意味します。
  3. 更新を AutoVu™ コンポーネントにプッシュします。
    1. Security Center Config Tool の [ホーム] ページから [LPR] > [全般設定] > [更新]に移動します。
      Patroller と Sharp ユニットのタブに更新を適用可能な SharpV カメラが表示されます。
    2. [更新] をクリックして単一のカメラを更新するか、[すべて更新] をクリックしてリスト内の更新可能なすべてのカメラを更新します。
      ステータスが [接続を待機しています] から [同期済み] に変わります。これは、カメラが更新を正常にアップロードしたことを意味します。
      注: 更新の転送にかかる時間は、接続帯域幅と更新のサイズに依存します。
    関連する SharpV に自動的に更新がインストールされます。