イベントに対するアクションを使用してアラームをセットアップする - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

イベントに対するアクションを使用して、イベントの発生時にアラームがトリガーされるように構成できます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[全般設定] ビューをクリックします。
  2. [アクション] をクリックし、[] をクリックします。
  3. [エンティティタイプ] ページで、エンティティタイプを選択して [次へ] をクリックします。
    ソースエンティティ とは、イベントが関連付けられているエンティティのことです。
  4. [ソース] ページで、ソースエンティティを選択して [次へ] をクリックします。
  5. [イベント] ページで、イベントタイプを選択します。

    選択したエンティティタイプに関連するイベントのみがリストされます。

  6. スケジュールを選択し、[次へ] をクリックします。

    所定の時点でイベントによってアクションをトリガーするかどうかは、スケジュールによって決めることができます。たとえば、窓が開いた場合にアラームをトリガーするのを週末だけに制限できます。デフォルトでは、[常時] が選択されます。

  7. [アクション] ページで、[アラームをトリガー] を選択します。
  8. [アラーム] ドロップダウンリストから、トリガーするアラームを選択します。
  9. (任意) [確認状態] ドロップダウンリストから、アラームを確認するにはその前にトリガーされなければならないイベントを選択します。
    このオプションが有効なのは一部のイベントタイプに限られます。
  10. アラームの確認状態がクリアになった後にユーザーによるアラームの確認を必須とするには、[ユーザーの確認が必要] オプションを選択します。
    このオプションをクリアすると、確認状態がクリアになった時点で自動的にアラームが確認されます。
  11. [次へ] > [作成] > [閉じる]をクリックします。