アラームの動画表示オプションを選択する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

カメラがアラームに接続されている場合、アラームがトリガーされて [アラームのモニタリング] タスクのキャンバスに表示される動画の表示方法を構成する必要があります。

このタスクについて

デフォルトの動画ディスプレイオプションはライブ動画です。アラームのトリガー前、トリガー中、トリガー後、あるいはこの 3 つの組み合わせに対して表示するライブ動画、再生動画、一連の静止画像を選択できます。動画または静止画像を表示する時間 (秒数) は、アラームの [プロパティ] タブにある [コンテンツサイクル処理] オプションで設定します。

設定したオプションは、アラームに接続されているすべてのカメラに適用されます。

手順

  1. [アラーム] タスクを開き、[アラーム] ビューをクリックします。
  2. 構成するアラームを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [動画の表示オプション] ドロップダウンリストから、次のいずれかを選択します。
    ライブ
    ライブ動画を表示します。
    再生
    再生動画を表示します。
    ライブおよび再生
    ライブ動画と再生動画を交互に表示します。タイルを展開すると、一方のタイルにはライブ動画、もう一方のタイルには再生動画が表示されます。同じタイルにライブ動画と再生動画を表示することもできます。それには、[プロパティ] アイコン () をクリックし、[ピクチャーインピクチャー] を構成します。
    ライブおよび静止画像
    ライブ動画と一連の静止画像を交互に表示します。タイルを展開すると、一方のタイルにはライブ動画、もう一方のタイルには静止画像が表示されます。同じタイルにライブ動画と静止画像を表示することもできます。それには、[プロパティ] アイコン () をクリックし、[ピクチャーインピクチャー] を構成します。
    注: カメラが暗号化される場合は、静止画像を使用できません。
    静止画像
    一連の静止画像を表示します。前の注を参照してください。
  4. 再生動画を含む表示オプションを選択した場合は、アラームがトリガーされた何秒前に再生を開始するかを選択します。
    注: 設定した期間の再生動画が利用できるようにするには、イベントの録画バッファーの値をその設定値以上にする必要があります
  5. 静止画像を含むディスプレイオプションを選択した場合は、[プロパティ] アイコン () をクリックします。
  6. [静止画像] ダイアログボックスで、各静止画像の表示時間を同じにするか、静止画像によって表示時間を変えるかを選択します ([同じ期間] または [個別の期間])。
  7. [同じ期間] を選択する場合は、次のオプションを設定します。
    フレーム数
    コンテンツサイクル処理期間全体で表示する静止画像の合計フレーム数を選択します。
    再生
    アラームがトリガーされた何秒前の静止画像を最初に表示するかを選択します。
  8. [個別の期間] を選択する場合は、次の操作を行います。
    1. [アイテムの追加] () をクリックします。
    2. [相対時間] オプションで、アラームがトリガーされた何秒前からの静止画像を表示するかを選択します。
    3. [期間] オプションで、静止画像を表示する期間を選択します。
    4. [追加] をクリックします。
    5. さらに静止画像を追加します。
      すべての静止画像を表示するまでの期間が、[全体的な長さ] に設定した値を超えないようにしてください。
  9. [ライブおよび再生] または [ライブおよび静止画像] オプションを選択した場合、ピクチャーインピクチャーを構成して、ライブ動画と再生動画またはライブ動画と静止画像を同じタイルに表示することができます。
    1. [プロパティ] アイコン () をクリックします。
    2. [動画ディスプレイの構成] ダイアログボックスの [ピクチャーインピクチャー] リストから、はめ込みウィンドウに表示する動画のタイプを選択します。
    3. [表示場所] リストから、はめ込みウィンドウを表示する場所を選択します。
  10. [OK] > [適用]の順にクリックします。