ネットワークオプションのカスタマイズ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ワークステーションとの通信を最適化するために、ネットワークカード、ネットワークの選択方法、およびポート範囲をカスタマイズできます。

このタスクについて

ネットワーク設定はローカルワークステーションに適用され、すべてのユーザーの Security Desk および Config Tool に影響します。

手順

  1. ホームページから、[オプション > 一般] をクリックします。
  2. コンピューターに複数のネットワークカードが装着されている場合、ネットワークカード ドロップダウンリストから、Security Center との通信に使用するものを選択します。
  3. 次の手順で、ネットワーク の選択方法を選択します。
    自動検出
    Security Center がワークステーションの接続先ネットワークを自動的に検出します。
    指定
    ドロップダウンリストから使用中のネットワークを手動で選択します。動画フィードを取得できない場合は、このオプションが役立ちます。
  4. [着信 UDP ポート範囲] オプションで、マルチキャストまたはユニキャスト UDP を使用してワークステーションに動画を送信するために使用されるポート範囲を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

次のユースケースを考えてみましょう。10.2.x.x へのルートを持つネットワーク 10.1.x.x があります。ところがある理由のため、アドレスの 10.1.2.3 にある特定のワークステーションが 10.2.x.x にアクセスできません。そのワークステーション上でネットワークを手動で指定すると、Media Router に直接 10.2.x.x にアクセスさせて失敗する代わりに、そのワークステーションに対して 10.2.x.x からのメディアをリダイレクトする必要があることを認識可能になります。