都市駐車場管理 (車輪撮像付き) について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

都市駐車場管理 (車輪撮像付き) システムでは、Genetec Patroller™ は「タイヤカメラ」で行われた車輪撮像を、駐車した車両がほんの短い距離だけでも動いたかどうかを示す追加の証拠として使用します。

たとえば、超過時間ヒットが発生した場合は、車両の車輪の画像を見て、バルブステムやその他の基準点 (ホイールキャップの亀裂など) によって車両が移動していないことを確認します。この証拠写真は、ドライバーが車両を移動してから同じエリアにもう一度駐車したと主張する場合に、超過時間違反を立証するのに役立ちます。

Sharp カメラと 1 台のタイヤカメラを搭載した Genetec Patroller™ 車両を次に示します。

道路の両側で同時に車輪撮像を行うことはできません。

車輪撮像カメラを含む AutoVu™ インストール環境では、LPR 処理ユニットに Navigation オプションを含める必要があります。これにより、システムに追加のナビゲーション情報が提供され、車両の車輪が画像に表示されるようになります。

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。