アクセス・コントロール・システムの導入 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

さまざまなアクセスコントロール機能を統合し、エンドツーエンドの IP 接続性を提供するために、事前構成ステップが完了した後でアクセス・コントロール・システムを導入できます。

始める前に

構成済みのステップを実行します。

このタスクについて

Security Center システムはアクセスコントロールのみ (Synergis™ 単独) で導入するか、またはアクセスコントロールに動画統合を付けて (Synergis™Omnicast™) 導入できます。動画またはアクセス・コントロール・システムのどちらを先にセットアップするかは問題ではありません。
注: 特に指定がない限り、次のステップを任意の順序で実行できます。

手順

  1. Config Tool 上の管理者アカウントを使用して、システムに接続します。
  2. エンティティの独立したグループのそれぞれに対してパーティションを作成します。
    初めにパーティションを定義することにより、エンティティを作成後に移動する必要がなくなります。
  3. システム内のエンティティ (エリア、ドアなど) を整理するには、エリアビューを構成します。
  4. アクセスコントロールのシステム全体の設定を構成します。
  5. Access Manager ロールを構成します。
  6. システムエンティティのカスタムフィールドを定義します。
  7. アクセス・コントロール・ユニットを検出および登録します。
    Access Manager ロールは IP ネットワーク上でドアコントローラーを検出するために必要です。
  8. 新しく登録されたアクセス・コントロール・ユニットを構成し、それらに関連付けられたインターフェイスモジュールを構成します。
  9. ドアを作成し、アクセス・コントロール・ユニットへのリーダー、センサー、ロックなどの配線を構成します。
  10. エレベーターを作成し、アクセス・コントロール・ユニットへのキャビンリーダーとフロアーボタンの配線を構成します。
  11. 開場および閉鎖時間、休日などのスケジュールを作成します。
  12. アクセスルールを作成し、ルールをドアおよびスケジュールにリンクします。
  13. アクセスルール、周囲ドア、詳細なアクセスコントロール動作を使用して、エリアビュー内のエリアを保護されたエリアに変換します。
  14. カード所有者グループを作成し、カード所有者を作成して、アクセスルールにリンクします。
  15. バッジテンプレートを作成します。
  16. 認証情報を作成します。
  17. ユーザーグループを作成し、ユーザーを作成します。
  18. アラームを作成します。
  19. 脅威レベルを作成します。

次のタスク

構成をテストします。