パーティションのアクセス権限を付与 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ユーザーがパーティションに含まれるエンティティにアクセスできるようにするには、関係しているユーザーとユーザーグループにそのパーティションのアクセス権限を付与する必要があります。

このタスクについて

パーティションのアクセス権限は次のルールによって決まります。
  • パーティションのアクセス権限は親ユーザーグループから継承されます。
  • 継承されたアクセス権限を取り消すことはできません。
  • ユーザーグループに付与されていないアクセス権限をユーザーグループのメンバーに付与できます。
  • パーティションのアクセス権限をユーザーまたはユーザーグループに付与すると、その子パーティションのアクセス権限も同じユーザーまたはユーザーグループに付与されます。
  • 親パーティションのアクセス権限をユーザーまたはユーザーグループから取り消すと、その子パーティションのアクセス権限もそのユーザーまたはユーザーグループから取り消されます。ただし、それらのアクセス権限が親ユーザーグループから継承されている場合を除きます。
  • 子パーティションのアクセス権限をユーザーまたはユーザーグループから取り消しても、その親パーティションのアクセス権限はそのユーザーまたはユーザーグループから取り消されません。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[ユーザー管理] タスクを開き、ユーザーを選択して、[アクセス権限] タブをクリックします。
  2. アクセス権限を付与するパーティションの横のチェックボックスを選択します。
    このアクションによって、そのすべての子パーティションのアクセス権限も自動的に付与されます。
  3. 一部の子パーティションのアクセス権限を取り消すには、選択した子パーティションの横のチェックボックスを選択解除します。
  4. [適用] をクリックします。
  5. 必要に応じて、このユーザーがパーティションに対して持つ基本的な権限を上書きします。
  6. [適用] をクリックします。