Security Center 5.3 以降のシステムにおける行方不明ファイルの検索 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アーカイブデータベースにより引き続き参照されているものの、ストレージデバイスからアクセスできなくなっている動画ファイルを検索するために、VideoFileAnalyzer.exe ツールを使用できます。

このタスクについて

行方不明ファイルは、アーカイブデータベースで参照されているのにアクセスできなくなった動画ファイルです。この状況は、アーカイブストレージの詳細タスクを使用せずに手動で動画ファイルを削除したときに、データベースで参照されている動画ファイルの数とディスクに実際に保存されている動画ファイルの数が一致しないために発生します。

手順

  1. VideoFileAnalyzer.exe ツールを開きます。
    • C:\Program files (x86)\Genetec Security Center 5.8\ (64 ビットコンピューター)
    • C:\Program files\Genetec Security Center 5.8\ (32 ビットコンピューター)
  2. [動画ファイルアナライザー] ダイアログボックスの下部で、[行方不明ファイルの検索] をクリックします。
  3. [行方不明ファイルの検索] ダイアログボックスで、行方不明の動画ファイルを確認する [データベースサーバー] と [データベース名] を指定します。
    データベースサーバーとデータベース名は、Config Tool の Archiver または Auxiliary Archiver ロールの [リソース] ページで確認できます。
  4. [検索] をクリックします。
  5. スキャンが完了したら、[行方不明ファイル] セクションでファイルを選択し、[ファイルの削除] () をクリックします。

タスクの結果

選択されたファイルインデックスはアーカイブデータベースから恒久的に削除されます。