タスクのスケジュール - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

スケジュール済みのタスク を作成することにより、システムの起動時またはスケジュールに従って自動実行するようにアクションを構成できます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[スケジュール済みのタスク] ビューをクリックします。
  2. [スケジュール済みのタスク] () をクリックします。
    エンティティリストに新しいスケジュール済みのタスクエンティティが表示されます。
  3. スケジュール済みのタスクの名前を入力し、ENTER キーを押します。
  4. [プロパティ] タブをクリックし、[ステータス] オプションを [オン] に切り替えます。
  5. [反復] オプションで、タスクが発生する頻度を選択します。
    1 回のみ
    指定した日付と時間に 1 回実行されます。
    毎分
    毎分実行されます。
    毎時
    1 時間間隔で特定の時間に実行されます。
    日次
    毎日特定の時間に実行されます。
    週次
    選択した曜日の特定の時間に実行されます。
    開始時
    システム起動時に実行されます。
    間隔
    定期的に実行されます。間隔は日数、時間数、分数、または秒数で指定できます。
  6. 実行するアクションのタイプを選択します。
  7. 必要に応じて、選択されたアクションの追加のパラメーターを設定します。

    たとえば、アクションとして [ロールを同期] を選択する場合、同期されるロールを選択する必要があります。

  8. [適用] をクリックします。