Config Tool のエリアビューについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

エリアビューを使用すると、システム内のすべてのエンティティをすばやく検索して表示できます。

エリアビュー内のエンティティは、エリアとの論理的な関係に従って階層構造 (エンティティツリー) で整理されています。たとえば、エリアに通じるドアと、エリア内にあるその他のデバイス (カメラなど) は、階層構造のそのエリアの下に子エンティティとして表示されます。

エリアビューでは、以下の操作を実行できます。
  • キャンバスに表示するエンティティを検索する
  • 複数のエンティティをエリアビューからキャンバスにドラッグする
  • ローカルエンティティの名前を変更する
  • エンティティの構成ページに移動する (必要な権限がある場合)

A [検索] ボックス [検索] ボックスにテキストを入力すると、カテゴリ、名前、または説明にそのテキストが含まれるエンティティを検索できます。
B システムエンティティ システムエンティティ () はキャンバスに表示できません。
C 追加コマンド エリアビュー内のエンティティを右クリックすると、エンティティの作成または削除、選択したエンティティの診断、選択したエンティティに関するレポートの起動、エリアビューの更新などの追加コマンドを使用できます。
D エリアエンティティ エリアエンティティ () は、概念または物理的な場所を表します。これは論理的なグループです。
E 黄色のエンティティ 黄色で表示されているエンティティ名は、設定に問題があることを意味します。
F 矢印アイコン エンティティツリーの矢印をクリックすると、子エンティティの表示と非表示を切り替えることができます。
G 赤色のエンティティ エンティティがオフラインのため、サーバーがそのエンティティに接続できないこと、またはサーバーがオフラインであることを示します。
H フェデレーションエンティティ フェデレーションシステムからインポートされたすべてのエンティティは、通常のエンティティアイコンの上に重ねられた黄色の矢印 () によって表示されます。これらはフェデレーションエンティティと呼ばれます。