認証情報を作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

[証明書管理] タスクを使用して、認証情報の新規作成、プロパティの構成、カード所有者または訪問者への適用を行うことができます。

このタスクについて

カード所有者を手動で作成する代わりに、CSV ファイルからインポートまたは会社の Active Directory からインポートできます。

手順

  1. [認証情報管理] タスクで、[新しい認証情報の作成] () をクリックします。
  2. 次のオプションのいずれかを選択します。
    自動登録
    リーダーでカードを提示します。
    手動登録
    カードデータを手動で入力します。カードリーダーが手元にない場合は、この方法を使用します。
    PIN
    PIN 認証情報を作成します。
    ナンバープレート
    カード所有者のナンバープレート番号を入力します。車両アクセスのバリアーをトリガーするために Sharp カメラを使用している場合は、この方法を使用します。この場合、カード所有者の車両のナンバープレートを認証情報として使用できます。
  3. [自動登録] を選択する場合、リーダー (USB リーダーまたはドア) を選択し、リーダーにカードを提示する必要があります。

    スマートカード・エンコーディング・リーダーをセットアップしている場合、オプション [登録前にエンコードする] を [オフ] に設定して、事前にエンコードされたカードを読み取ります。

    リーダー LED が緑に変わったら (読み取り準備完了)、スマートカードをリーダーの上に置きます。リーダーの LED が黄色に変わり、短いビープ音とともに緑になった後で、消灯します。

    登録前のカード上でランダムな 128 ビットの MIFARE DESFire 認証情報を生成してエンコードする場合は、オプション [登録前にエンコードする] を [オン] にします。

    リーダー LED が赤に変わったら (エンコードの準備完了)、スマートカードをリーダーの上に約 2 秒間置きます。リーダーの LED が黄色に変わり、短いビープ音とともに緑になった後で、消灯します。長いビープ音が鳴り、LED が赤のままの場合は、もう一度試してください。

  4. [手動登録] を選択する場合、カードフォーマットを選択し、必要なデータフィールドに入力して、[OK] をクリックする必要があります。

    注意:
    システムは入力されたデータが物理的なカードに対応しているかどうかを検証できないので、カードデータの入力は慎重に行ってください。
  5. [PIN] を選択する場合、次の操作を実行する必要があります。
    1. PIN を数値で入力します。
      注: リーダーで許容される桁数を超えないようにしてください。一般的な PIN 長は 5 桁です。ただし、特定のモデルは最大 15 桁まで許容します。
    2. [OK] をクリックします。
  6. [ナンバープレート] を選択する場合、次の操作を実行する必要があります。
    1. ナンバープレート番号を入力します。
      注: ナンバープレート番号に現れるスペースを入力する必要はありません。システムは "ABC123" と "ABC 123" を同じプレートとして扱います。
    2. [OK] をクリックします。
  7. [エンティティ名] フィールドに、認証情報エンティティの名前を入力します。
    次のスクリーンショットはカード認証情報用です。[PIN] または [ナンバープレート] 認証情報を選択した場合、ダイアログボックスの外観は異なります。

  8. [所属] フィールドで、認証情報を割り当てるカード所有者または訪問者を選択し、[OK] をクリックします。
    認証情報を割り当てないと、アクティビティのモニタリングや、そのカード所有者または訪問者のアクティビティレポートの生成を行うことができません。
  9. [ステータス] セクションで、認証情報のステータスおよび有効化期間を設定します。
    認証情報が非アクティブの場合、カード所有者または訪問者はどのエリアにもアクセスできません。
    ステータス
    認証情報ステータスを [アクティブ] に設定します。
    有効化時間
    現在の日付が表示されます。
    有効期限
    認証情報の有効期限を設定します。
    無期限
    認証情報に有効期限は設定されません。
    特定の日付
    認証情報は特定の日付と時刻に有効期限が切れます。
    最初の使用時に基づいて有効期限を設定
    認証情報を初めて使用した日から指定の日数を経過した時点で、認証情報の有効期限が切れます。
    使用されていない場合
    特定の日数にわたって認証情報が使用されないと、認証情報の有効期限が切れます。
  10. 認証情報にメーカーやカードモデルなどのカスタムフィールドが定義されている場合、指定されたセクションで認証情報のカスタム情報を入力します。
  11. (オプション) [詳細] セクションをクリックし、次の認証情報プロパティを構成します。
    1. [説明] フィールドに、認証情報の説明を入力します。
    2. 認証情報をパーティションに割り当てます。

      パーティションはどの Security Center ユーザーがこのエンティティへのアクセスを持っているかを判別します。パーティションに対するアクセス権限が付与されているユーザーにのみ、認証情報が可視になります。

  12. (オプション) 認証情報がカード認証情報の場合 (PIN ではない)、バッジテンプレートを選択します。
    1. 認証情報詳細ダイアログボックスの右下隅で、バッジ画像をクリックします。
    2. バッジテンプレートを選択し、[OK] をクリックします。

      Config Tool でバッジテンプレートが作成されます。

      バッジの印刷プレビューが開き、認証情報に対応するデータが表示されます。

      注: カード所有者または訪問者から認証情報の割り当てを解除しても、バッジテンプレートと認証情報の関連付けは残ります。
  13. バッジを印刷するには、認証情報詳細ダイアログボックスの右下隅で、[バッジを印刷] をクリックします。
  14. 認証情報の編集を終えたら、[保存] をクリックします。

タスクの結果

新しい認証情報は [認証情報管理] タスクのリストに追加されます。

次のタスク

認証情報を変更するには、リスト内の認証情報を選択し、[変更する] () をクリックします。