エンティティの地理的な位置を設定する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

動画ユニットでの日の出と日没の時間を計算する場合、あるいは LPR ユニットのマップを描画する場合は、エンティティの緯度と経度を設定できます。

このタスクについて

エンティティの地理的な位置 (緯度と経度) には 2 つの用途があります。
  • 動画ユニットの地理的な位置は、特定の日付の日の出と日没の時間を自動的に計算するために使用されます。システムに (屋外に配置されたカメラで) 日中の動画だけを録画させる場合や、時間帯に応じてカメラの輝度を調整する場合は、地理的な位置が役立ちます。
  • GPS レシーバーが備わっていない固定 LPR ユニット の地理的な位置は、Security Desk のマップ上で LPR ユニットに関連付けられた LPR イベント (読み取りヒット) を描画するために使用されます。

手順

  1. エンティティの [ロケーション] タブで、[マップ上に表示] をクリックします。

    マップウィンドウが表示されます。

  2. マップ上のエンティティのロケーションまでナビゲートします。

    クリック・アンド・ドラッグ操作でズームイン、ズームアウト、パンすることができます。

  3. マップウィンドウで [選択] をクリックします。

    カーソルが十字に変わります。

  4. マップ上の目的のロケーションをクリックします。

    マップ上に画鋲が表示されます。

  5. [OK] をクリックします。

タスクの結果

緯度と経度のフィールドに、マップ上でクリックしたロケーションの座標が表示されます。